整腸剤でおなかの調子が悪くなるのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「整腸剤を飲んだら、おなかの調子が悪くなった」という話を聞いたことはありませんか?

おなかの調子を整えるために飲んだ整腸剤なのに、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか。また、そもそも整腸剤とはどのような役割を持つ薬なのでしょうか。
今回は、整腸剤とおなかの関係、そして上手に活用するポイントについて解説します。

整腸剤の役割とは

整腸剤は、「大きな疾患というわけではないけれど、おなかの調子を整えたい」というときに処方されます。

生活リズムや食習慣の変化、精神的なストレスなどが原因で腸の働きが低下すると、おなかがゴロゴロしたり、下痢や便秘などを起こしやすくなります。

そのようなときに、腸内のバランスを整えるために飲まれるのが、整腸剤です。

便秘薬・下痢止め薬とは違う

便秘・下痢を改善するときにも整腸剤は処方されますが、同じものではありません。

たとえば便秘薬は、有効成分で腸を刺激し、便をやわらかくすることで便秘を解消します。それに対し、整腸剤は腸内の環境を整え、穏やかな作用でお通じを促すようにつくられています。

便の状態がかたくなったり、やわらかくなったりと変化する大きな要因は、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が優位になってしまっていることです。

整腸剤は、このバランスを整えます。そのため、便秘・下痢の両方に効くのです。

ただし整腸薬に即効性はありません。もし便秘や下痢の症状がひどい場合は、便秘薬や下痢止め薬で一時対処し、並行して腸内の環境を整えることも必要です。

整腸剤はあくまで「健康のベースをつくる薬」

整腸剤にはいろいろな種類がありますが、一般的なものには、乳酸菌・ビフィズス菌・宮入菌などの生菌類が使われていることが多くあります。

これは、菌によって腸内を活性化させ、腸自体が消化酵素を分泌し消化を促進できるようサポートをするためです。

ここで気を付けて欲しいのは、整腸剤はあくまで腸のはたらきを促し、状態を良くするためのものだということ。特定のウイルスや細菌をやっつけるという作用はありません。

つまり整腸剤は、化学的な薬品というよりは、腸内の菌のバランス改善をサポートするための、セルフメディケーションの役割が大きい薬である、ということなのです。

整腸剤でおなかの調子が悪くなる原因

整腸剤は、病院で処方してもらう他にも薬局などで自分で購入することも可能なため、身近な薬だといえます。しかし、病院で処方された整腸剤だからといって安心して飲んでいたら、妙におなかの調子が悪くなった、というパターンも良く見受けられます。

この副作用が起きる原因には、思わぬ理由があります。

腸内の悪玉菌が、副作用の原因

たとえば、先ほど出てきた「宮入菌」、聞きなれない名前かと思いますが、「ミヤリ酸」「ミヤBM」と聞くと、「その薬なら飲んだことがある」という方も多いのではないでしょうか。おなかの調子が悪くて病院を受診したとき、処方される頻度の多い「整腸剤」です。

宮入菌は「酪酸菌」の一種で、腸内の悪玉菌に対抗し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

抗生物質や胃酸にも負けず、大量に飲んでもあまり副作用が起こらない、安全な薬の一種類です。

しかしこのような安全な整腸剤であっても、「腸内の悪玉菌に対抗し」というところに、副作用を引き起こす思わぬ落とし穴があるのです。

もとの腸内環境が悪ければ悪いほど、影響が出やすい

整腸剤に含まれる菌たちが腸内の悪玉菌をやっつけてくれるのはありがたいのですが、悪玉菌が死滅するときには、「毒素」を放出することがあります。

この毒素は、健康な人にとっては自然に処理できるものです。しかしもともと腸内環境が悪く、悪玉菌がたくさんいた方の場合、その毒素の量が多いことによって、おなかの調子をさらに狂わせてしまうことがあるのです。

この副作用を、「死滅反応(ダイオフ)」と言います。

あまりひどかったら、病院へ

整腸剤に限らず、腸内環境を整えるために何かをはじめた直後、何らかの体調不良を感じることは珍しくはありません。

たとえば、少しおなかがゆるくなったり、軽い腹痛が起こることも。

これは、今までの腸内の環境バランス、つまり悪玉菌と善玉菌、日和見菌の数のバランスが変化したことによるもので、そのまま続けているうちに腸内環境が整い、症状も軽くなります。

しかし、疲労感が強くなり起き上がれなくなったり、アトピー性皮膚炎が悪化したりなど、つらい副作用を覚えることもあるのです。

そのようなときは、整腸剤を飲むのをやめることで症状は軽くなるでしょう。しかし中には、中止してからもどんどんと症状が悪化するパターンがあります。

もしそのようなことになったら、たかが整腸剤と思わず、専門医の診察を受けることをおすすめします。

ただし、死滅反応に関する知識は、すべての医師が持っているわけではありません。

「おかしいな」と思ったら、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診するようにしてみましょう。

整腸剤でおなかの調子が悪くなったときの対処法

大きな病気由来ではない、「何となくのおなかの不調」は、食生活の乱れや運動不足などの生活習慣に原因があることが多いといわれています。

そのような場合は整腸剤に頼りきらず、生活改善に取り組んでみるというのが、病気を防ぐ「セルフメディケーション」の基本です。

そしてもし「死滅反応」の副作用の可能性があるならば、まずは飲むのを中止する・もしくは量を減らすなどの調整をしてみてください。

整腸剤の菌の種類にも注意

また、飲んでいる整腸剤の菌の種類が原因となっている可能性もあります。

腸内環境は、ひとりひとり違います。そのため、今の自分の腸内に合わない種類の菌が入った整腸剤を飲んでいる場合は、効果を実感できないからです。

腸内の悪玉菌を減らす

腸内の悪玉菌を減らすことに注目をしてみましょう。悪玉菌が増えると、有毒ガスが発生し、まるで卵の腐った臭いのような悪臭を発生させます。そのため、便やおならの匂いがきつくなることがあります。

もしそのようなサインがあるなら、悪玉菌を増やさないような生活習慣に切りかえることをおすすめします。

せっかく整腸剤を飲んでも、同時に悪玉菌を増やすような生活をしていては、死滅した悪玉菌を増やすばかりでなかなか腸内環境は整いません。

ジャンクフードや揚げ物を控え、食物繊維や発酵食品を積極的に食べ、腸内環境を整えてみましょう。

まとめ

腸内環境が比較的整っている人は、たまに飲む整腸剤で死滅反応を感じることはほとんどありません。しかし、もともと腸内環境が悪く、身体のバランスを崩している人の場合、整腸剤で副作用を起こす可能性は決して低くはありません。

整腸剤を飲んだのにおなかの調子がイマイチだな、という場合は、無理をせずに服用を中止し、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)