遅延型フードアレルギーの原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「遅延型フードアレルギー」という言葉をよく聞くようになってきました。しかし、そのメカニズムや、なってしまったときにどうしたらいいかということについては、まだ一般的には知られていません。
そこで今回は、遅延型フードアレルギーについての基礎知識を解説します。遅延型フードアレルギーが引き起こされる原因や、その対処方法などを知り、身体の声に耳を傾けるキッカケにしてみてください。

遅延型フードアレルギーとは?

アレルギーという言葉を知らない人はいないですよね。そば、花粉、ネコ…世の中には様々なアレルギー持った人がおり、そのアレルゲンに接することで発現する目のかゆみやくしゃみ、湿疹などに悩まされています。

アレルギーの中でも、食べ物によって引き起こされるものを「フードアレルギー」と呼びます。

実はフードアレルギーには「即時型」と「遅延型」の2種類があり、よく知られているのは、アレルゲンを食べた直後に反応が出る「即時型」フードアレルギーです。

それに対し、「遅延型」のフードアレルギーはあまり認識されることがありません。その理由は、アレルゲンとなる食べ物を摂ってから半日から数日以上の時間をかけ、ゆっくりとアレルギー反応が出てくるからです。

そもそもアレルギーとは、身体にとって危険な物質が外から入ってきたときに、その物質をやっつけて排出しようとする身体の免疫反応のひとつです。

つまり「遅延型」とは、その免疫反応の反応スピードが急激ではなく、ゆっくりであるということなのです。

遅延型フードアレルギーが引き起こす症状

遅延型フードアレルギーは、すぐにはその症状が出ないため、アレルゲンを突き止めることがとても困難です。

また、湿疹や呼吸困難などのような分かりやすい症状だけではなく、「まさか、食べ物が原因だったなんて!」と思うような、意外な体調不良を引き起こしているパターンも多くみられます。

たとえば、以下のような症状に悩まされている場合、その原因は遅延型フードアレルギーかも知れません。

・肌荒れや失神、アトピー性皮膚炎
・腹痛や消化不良、過敏性腸症候群
・イライラや集中力の低下、メンタルの不調
・不妊
・冷え性、肩こり、頭痛や頭重感
・筋肉、関節の痛み
・むくみや体重増加
・不眠

このような症状には、まさかその原因が「数日前に食べた特定の食べ物」であるとは、一般的には考えられないものも含まれます。しかし、様々な不調に悩まされていながら、自分が遅延型フードアレルギーであることに気が付いていない人が多いのも事実なのです。

遅延型フードアレルギーは、治療が難しいとされる疾病との関連も深く、たとえば、※慢性疲労症候群・潰瘍性大腸炎・起立性調節障害なども、遅延型フードアレルギーが原因である可能性を持っています。

もしあなたが今、日常生活に支障が出るほどの不調に悩み、対症療法で症状をおさえているだけ…という場合は、遅延型フードアレルギーを疑ってみてもいいかも知れません。

(※の病気については、記事下部の「マメ知識」をお読みください)

遅延型フードアレルギーはどのようにして起こるのか?

それでは、遅延型フードアレルギーはどのようにして起こるのでしょうか。
その原因には、私たちの腸内環境が大きく関わっています。

食べたものは、細かい分子に分解されていく

人間が食べたものは、まずは胃でこまかく粉砕され、胃酸や消化酵素と混ぜられます。
その後、小腸に送られた食物は、さらに細かい分子に分解されていきます。

たとえばお肉や魚などのタンパク質を食べたとき、そのタンパク質は分解酵素によりペプチドという細かい分子の状態を経て、アミノ酸に分解されます。そのようにして、アミノ酸まで分解されたタンパク質が、私たちの身体の栄養となるのです。

小腸が健康であることが重要

しかし、ここで問題が起きることがあります。

食べたタンパク質は、とても微細なアミノ酸にまで分解されてはじめて小腸の壁から吸収され、栄養として機能します。ところが、腸内環境の状態が悪くなると、小腸の壁に炎症が起き、隙間ができてしまうことがあります。

するとその隙間から、まだアミノ酸にまで分解されていない、分子量の大きなままのタンパク質やペプチドが、血中に流れ出してしまうことがあるのです。

そして、本来ならば血中に入ってくることのない「異物」を察知した身体が、それを「異常事態」と判断し、アレルギー反応を引き起こします。これが「遅延型フードアレルギー」の原因です。

小腸が健康ならば、炎症による隙間ができることはありません。つまり、アレルギー反応が出ることが原因なのではなく、アレルギーを起こすような「異物」が血中に漏れ出していることが、問題なのです。

遅延型フードアレルギーになったときはどうすればよいのか?

もしかしたら遅延型フードアレルギーになってしまったのではないか?
この原因不明の不調の原因は、遅延型フードアレルギーなのではないか?

そう思っても、そのアレルゲンを自分で突き止めることはとても困難です。そのため、遅延型フードアレルギーには検査が存在します。まずは検査で、自分がどのような状態にあるのかを知ることが必要だからです。

検査後、遅延型フードアレルギーの治療に入ります。

まず、出ている症状があまりにも重い場合は、症状を和らげるための対症療法を行います。
しかし、頭痛薬を飲み続けても頭痛の根本解決にはならないように、つらさを緩和するだけでは治療とは言えません。だからこそ、並行して、遅延型フードアレルギーの原因である腸内環境の改善を行うことが必要になるのです。

腸内環境が改善され、小腸の壁の炎症がおさまってくると、アレルゲンであるものを食べても、血中に流れ出してしまうことが無くなり、正常に吸収されるようになってきます。

安易に「アレルゲンの食べ物を食べない」という対応は、アレルギー反応を出さないという一点に関しては有効ですが、遅延型フードアレルギーの根本解決にはならないのです。

 


マメ知識「こんな症状に悩まされていませんか?」

・慢性疲労症候群
まるでずっと風邪をひいているかのように、だるさや眠気、めまいなどが続き、ときには疲労感から寝たきりになってしまう症状です。診察を受けてもはっきりした原因が分からないことも多く、メンタル不調と紐づけられ、長く苦しむ人が多いのが特徴です。

・潰瘍性大腸炎
血便から始まり、下痢や軟便に悩まされる症状です。悪化すると1日に何度もトイレに駆け込むことになり、日常生活に支障をきたすようになります。薬による内科治療が行われ。重症の場合には手術が必要となることもある、つらい病気です。

・起立性調節障害
思春期に起こりやすい、自律神経機能不全のひとつです。立ちくらみや失神、倦怠感、また朝に起きることができなくなるという症状に悩まされます。血液による酸素や栄養の供給も悪くなり、思考力の低下を招くこともあります。


まとめ

アレルギーによる心身の不調には名前の付かないものも多く、病院で診察を受けてもなかなか治療が進まないことがあります。そのため、日常の不調に悩む人が、遅延型フードアレルギーを疑って検査をすることが増えているのです。
まずは自分自身の状態を知り、その後腸内環境を整えることで、今まで苦しんでいた不調を改善することができるかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)