医師監修

【医師に聞く】免疫細胞のプログラムが原因?花粉症から読み解くアレルギー


春先は、花粉症に悩まされている方が多くいらっしゃいます。マスクが手放せない…という方も多いのではないでしょうか。
ところで花粉症は、花粉自体に原因があるのではなく、免疫細胞のプログラミングエラーから起こるもの、ということをご存知ですか?そこで今回は、花粉症をはじめとするアレルギーの起こるメカニズムと、免疫細胞の働きについてを、医師にしっかりと聞いてみました。

花粉症とアレルギー

花粉症は、ネコ、そばなどと同じアレルギーの一種です。

人によって、ブタクサ・スギ・イネなど、反応する花粉の種類は違いますが、実はこれがどうしてなのか、そのメカニズムはまだ分かっていません。

花粉でアレルギー反応が出るのは、免疫と体質に関係している

分かっているのは、花粉自体に問題があるのではなく、受ける身体の方に原因がある、ということ。

アレルギーや花粉症というと、ネコの毛や花粉そのものが「悪いものだ」と受け取られがちですが、そうではありません。もし花粉が悪いのであれば、どうして一緒に花見に行った10人中10人全員に症状が出ないのでしょうか。

これがサリンなどの毒薬だったら、10人全員が確実に死にますよね。しかし花粉で全員くしゃみは出ません。だから、毒のようなイメージで花粉を考えることは大きな間違いです。

花粉に対しどういう反応をするか。それは、その人の免疫と、体質に関係しています。
つまり、花粉に対してアレルギー反応を起こす体質の人が、花粉症ということです。

アレルギー体質って?

アレルギー体質という言葉もふんわりし過ぎています。
「風邪をひきやすい体質だから」「すぐに疲れてしまう体質だから」など、主観で語られることが多く、また一種の逃げ場になっている感も否めません。

ではアレルギー体質とは、具体的にはどのような体質かというと、異物、つまりアレルゲンに当たるものが体の中に入って来たときに、身体の免疫細胞が過剰に反応してしまう体質のことです。

どのアレルゲンに反応するかは、人それぞれ。
だから「体質」という言葉が使われます。

どうプログラミングされるかで、体質は変わる

アレルゲンに対して攻撃をしてくれる免疫細胞の反応は、とても大切です。しかしその攻撃が過剰になってしまうことで、身体のアチコチに症状が出てしまうのです。これがアレルギー反応です。

では、その反応が繰り返し起きてしまうメカニズムを、順にみていきましょう。

はじめて接した異物への対応が記憶される

免疫細胞が異物とはじめて接したとき、その異物に対してどのように反応をするかを記憶する必要があります。

これは、免疫細胞にアレルギー反応がプログラムされてしまうということ。
そうして、「この異物にはこう反応しなさい」とか、「反応しちゃだめ」という記憶を持ってしまうと、その異物が入ってくるたびに同じ反応が繰り返されてしまうのです。

つまり、イネ花粉に反応する人の免疫細胞には、「イネが来たらくしゃみを出す」という反応が組み込まれてしまっているということです。

そのメカニズムを、アナフィラキシーショックを例にとって説明してみましょう。

ハチに刺されてアナフィラキシーショックが起きるのは、1回目に刺されたときではなく、2回目です。
まず最初に刺されたとき、毒が身体に注入されます。それは身体にとって、一回も接したことのないタンパク質なわけですから、まだ免疫ができていません。だから1回目ではショックは起こらない。

さて、最初に刺されたとき、免疫細胞は「これは身体によくないモノだから覚えておこう。今度入ってきたら攻撃して排除しよう」と記憶します。そして、次回入って来たときに備えて、対抗できる免疫細胞を用意しておくのです。
だから次にハチに刺されたときには、「また来たぞ!排除しろ!」と、過剰な反応を引きこすので、アナフィラキシーショックが起きてしまうのです。

このように、アレルギー反応は、1回目に体内に入ったときにプログラミングされるものなのです。

プログラミングされる場所は腸

ではそのプログラミングは、身体のどこで行われるのでしょうか。

意外かも知れませんが、身体における免疫の中心は「腸」。

少し医学に知識がある人に「免疫はどこでつくられるか」と聞くと、骨髄と答える人がいます。
確かに骨髄では免疫に関係するリンパ球などがつくられますが、しかし骨髄は不正解です。

実は、自分の身体に今まで存在しなかった物質が、免疫細胞とはじめて接する機会が一番多いのは、腸なのです。

ちょっと考えてみましょう。
あなたは食事のとき、何も考えずいろいろな食材を食べていると思いますが、食べ物というのは人間の体にとっては異物です。

たとえばブタのタンパク質は人間のタンパク質とはまったく違います。
もし、いきなりブタのタンパク質をすりおろして血液中に注入したら、人間はショック死します。

では、どうしてものを食べたときにショック死しないかというと、腸の免疫細胞がコントロールしているからです。

免疫細胞は、その70%が腸に存在します。
「この種類のタンパク質が入って来たら、反応します」
「こっちのタンパク質は身体に必要なものだから、吸収しましょう」
という判断を下すための、関所となっているのが腸なのです。

しかし、腸で何らかのエラーが起こり、本来は身体に取り入られて栄養となるべきものに対し、敵と認識してまったのがアレルギーということです。

花粉は粘膜から入ってくる

卵アレルギーの方が卵を食べて、過剰反応が起きるのは、そういう理由です。
しかし、花粉は食べ物ではないため、腸へ直接入るわけではありませんよね。

花粉は、鼻と目の粘膜から体内へ侵入します。これがフードアレルギーとの違いです。

ただ、アレルギー反応が起きるメカニズムは、花粉もリンゴも一緒。「この種類の花粉が、鼻の粘膜にくっついたら過剰に反応しなさい」という免疫細胞の記憶のキッカケは、やはり腸です。

そして、アレルギーは免疫細胞の記憶エラーですから、究極的には、その記憶を与えたのは花粉でなくてもいい。つまり、腸のバランスが崩れているとエラーが増殖してしまい、本来は反応をしなくてもいいものにまで反応を始めてしまうのです。

プログラミングの解除方法は、腸を整えること

イネはNGだけど、ブタクサはOK…などという間違ったプログラムを、いちいち解除するのは大変です。そもそもどうしてその種類にエラーが発生しているのかは、分かっていません。

だから、プログラムの現場である腸の免疫バランスを整えれば、花粉症なんて治ります。

今まで花粉症ではなかった人が急に発症するのは、体内のコップに溜まった花粉があふれるから…などというのはフェイクニュースです。まったく関係ありませんし、身体の機能とはそんなものではありません。

もし、この春に突然花粉症になる人がいたら、それは腸の環境が変わって、「この花粉にアレルギー反応を示しなさい」というプログラミングが新規にされてしまったからです。

花粉症の治し方

たとえば40年間花粉症で悩んでいる人と、今年初めて発症した人を治療する場合、やり方はまったく一緒です。
腸を整え、プログラムのエラーをなくすという方向性で取り組むしかありません。

とはいえ腸内環境を整えることは、長期戦になります。

だから、くしゃみやかゆみなど、生活のクオリティを落とす不快症状には、マスクをするなどのとりあえずの対処をすることは、大切です。
しかしそれと同時に、自分の身体が花粉に過剰反応しないように身体のベース整えることは、根本治療として大切なことではないでしょうか。

体内に入ってくる外敵の数を減らす。
腸を整えて、免疫細胞のエラーをなくす。
これを並行で行うことで、花粉症は改善する可能性は十分にあるでしょう。

過剰反応はよくない

卵や牛乳、そばや小麦など、アレルゲンになりやすいものに対して、過剰に不安を覚える方がいらっしゃいます。もちろん重篤な反応が出ている場合は注意が必要ですが、食べてもない・起こってもいないことを心配し、「あれは危険」と思い込んでしまうことは、被害者意識につながります。

不安や怒りは、免疫力を逆に下げてしまいます。
アレルギーは、その物質に原因があるのではなく、あくまで自分の体内でのプログラミングエラーであることを理解し、「アレルギーへのアレルギー」という視野の狭い状態に陥らないようにすることも必要です。

まとめ

花粉症は、わざわざその反応にフォーカスを当てて治療をせずとも、腸が整うことで、オマケで改善する方も多くいらっしゃいます。
花粉自体は悪ではない、ということを理解し、日常生活の中でうまく対処をしながら、根本的な改善を目指してみてはいかがでしょうか。

監修医師/小西康弘(医療法人全人会理事長)

2013年に小西統合医療内科を開院。2018年9月より医療法人全人会を設立。分子栄養学や機能性医学の最先端の知識に基づき、私たちの体が本来持っている「自己治癒力」を高める医療を提供。
豊富な臨床経験に基づいた有益な情報を発信中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. チョコは健康にいいの?悪いの? 健康的に食べるには「ワクワク」す…
  2. 2018年風疹流行 30〜50代の働き盛りの男性はワクチン接種を…
  3. 【専門家に聞く】 20代女子の栄養状態が心配!飲むならマルチビタ…
  4. 子供 【医師に聞く】身体にとっての異物を「記憶する」、免疫寛容という仕…
  5. 睡眠の質を上げよう! 朝の目覚めをよくするコツを徹底解説
  6. 【医師に聞く】 添加物と化学物質から見る生活の安全と、共存方法
  7. アトピーは清潔にし過ぎが原因? 除菌アイテムと化学物質のリスクに…
  8. 【医師に聞く】 ガン・ヘルペス・C型肝炎、エイズだって怖くない!…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP