基礎知識

男性にサウナが人気な理由は!? 医学的な健康効果と、おすすめのサウナ活用法

桶

近ごろ、男性にサウナが人気って、ご存知でしたか?
一昔のサウナには、「オジサン臭い」というイメージがありましたが、使いやすい施設も増え、ネットには全国のサウナ情報がたくさん載り始めています。そして、オジサンだけではなく、若い世代も積極的に通っているとか…。

それはどうしてでしょうか。また、サウナは温泉とはどう違うのでしょうか。
今回は、男性にサウナが人気な理由と、サウナで得られる効果について解説してみます。

男性にサウナが人気の理由

サウナの基本的な入り方は、熱いサウナと冷たい水風呂を交互に入る「温冷交代浴」です。
これが「気持ちをシャキッとさせる!」「最高に気持ちいい」と、若い男性の間で流行っているのです。

実際、温冷交代浴は、血管や自律神経に刺激を与え、全身の活性化に役立ちます。
それが、元気になった!疲れが取れた!という実感となり、働き盛りの男性にウケているのです。

そもそも日本人はお風呂が大好きですが、温泉でリラックスしきって身も心もとろけてしまっては、仕事という緊張感のある日常に戻るのが大変になってしまいますよね。だからこそ、身近にあるサウナでストレスをマメに解消し、元気に過ごしたい…という男性が増えているのでしょう。

また、気軽に行けるサウナ施設が増えていることも大きな要因です。かつては酔ったオジサンの集まる場所で、衛生状態や治安も不安…というイメージがあったかと思いますが、最近のサウナ(スーパー銭湯)はキレイに整っています。

また、1日中滞在して何度もサウナに入ることができるため、休日にできる趣味のひとつとして社会認知されるほどになっているのです。

サウナに期待できる医学的効果、4つのメリット

サウナと、普通の入浴の違いはどこにあるのでしょうか。

まず、お湯につかる「入浴」で期待できる効果には、「浮力効果」「静水圧効果」「温浴効果」などがあります。

たっぷりのお湯に入ることによって、浮力の力で自分の体重にかかる重力から解放され、水中で身体動かすことができるため腰痛改善などに効果が期待できるのです。
また、お湯につかることで得られるリラックス効果や、入浴剤を使用することで得られるアロマ効果などもあるでしょう。

しかしサウナではお湯には入りませんから、期待できるのは「温浴効果」のみ。
それでも、そこには大きなメリットがあるのです。

メリット① 血流が良くなる

サウナによって血管が拡張し、心拍数が上がると、いつもより多くの血液が身体を巡りはじめます。
これこそが、「血流が良くなった状態」です。

普段は、ドキドキすることで起きる血圧の上昇や脈の亢進は、あまり良しとされません。しかしサウナによって意図的にその状態をつくることで、肩こりや運動後の筋肉の疲れを一気に解消することができるのです。

メリット② 交感神経を刺激する

熱いお湯に入り、「目が覚めた、頭がシャキッとした」という経験はおありでしょう。
ぬるま湯の半身浴と違い、サウナは交感神経を刺激し、気持ちをすっきりさせる効果を持ちます。

女性は入浴にリラックスを求めがちですが、男性は「スッキリ感」を求めます。

体調との相談が必要ですが、スッキリしたいときは温度高めのサウナに数分間入ることをおすすめします。
逆に、ストレスを緩和したい、ゆっくり眠りたい…という日は、低温のミストサウナなどで、交感神経を刺激し過ぎないようにしましょう。

メリット③ 発汗で、疲れも一緒に流れていく

汗には、疲労物質である「乳酸」を流す働きがあります。

乳酸は酸素によって分解されます。そのため血行が促進され、体内に入る酸素量が普段の2倍にもなるサウナでは、効率よく乳酸を汗に乗せて流してしまえるのです。

メリット④ 男性だって美肌になれる

サウナが美肌に効果的!といわれる理由は、熱い空気に触れることで皮膚の血管が縮小と拡大を繰り返す作用があるからです。

サウナでじっくり汗をかくと、普段は機能していない毛穴がぱっと開き、老廃物が出ていきます。化粧をしない男性だって、日々の生活で皮膚にはいろいろなものが溜まっているはず。皮膚の機能を活発にすることで、人から羨まれる、つややかな肌を手に入れることができそうです。

サウナ効果を最大限に活用しよう

汗を拭く男性

サウナには、ガマンして長い時間入らないといけないようなイメージがありますが、それは間違い。
100度近い高温サウナなら、5分程度で十分です。
慣れていない人には、60度程度の乾式サウナや、40度程度のミストサウナで、15分がおすすめです。

私たちは、皮膚または脳で「熱い・冷たい」という温度を感じ取っています。
サウナで身体を急激にあたためることで、脳が温度を察知し、自律神経を通じて身体のバランスを取るように指令を出します。
その働きによって身体のさまざまな機能が活性化し、短時間での疲労回復が可能になるのです。

入浴にリラックスを求める女性と違い、男性を活力的にするには、少しばかりの刺激も必要。
そう考えると、身体の機能をアップさせるためにサウナが若い男性に人気なのは頷けますね。

健康に不安がある人は注意を

しかし、身体に意図的に負担をかけることには、デメリットもあります。
急激な温度変化により、心筋梗塞が起きる可能性もあります。
また、水分が不足することにより、脳卒中で倒れる…というリスクもはらんでいます。

まず、へとへとに疲れているときはサウナには入らないこと。サウナは決して魔法の疲労回復マシンではありません。まずは自身の体調を整え、プラスの効果を受け取れる状態になってから入りましょう。

また「上がったあとのビールが楽しみ!」と、入浴中の水分補給を控える人がいますが、これも禁止です。
サウナでの発汗は予想以上に体内の水分を排出していますから、バタンと倒れてしまっては、ビールどころではなくなってしまいます。

もちろん、飲酒後のサウナは厳禁です!

高温サウナや水風呂にこだわらず、体調に応じ、低温サウナやミストサウナを選びましょう。そして適当な休息を挟みながら、無理をせず、サウナを楽しむようにしてくださいね。

まとめ

サウナには医学的に認められた効果もあり、日々のストレスを発散し、翌日への活力を補うためにはとても効果的だということが分かりました。「疲れた」などといっていられない男性にとっては、うまく利用することで、イキイキとした生活を送るための疲労回復手段になりそうです。
サウナで身体本来の機能を回復させ、活力を取り戻してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【医師に聞く】免疫細胞のプログラムが原因?花粉症から読み解くアレ…
  2. 子供 【医師に聞く】身体にとっての異物を「記憶する」、免疫寛容という仕…
  3. 予防医学とは?遅れている日本の健康意識
  4. 遺伝子組み換え(GM)食品って何? 国によって違う基準、そして健…
  5. 【専門家に聞く】 20代女子の栄養状態が心配!飲むならマルチビタ…
  6. ストレスは夜解消する! メンタルヘルスに効果的、寝る前にできるリ…
  7. チョコは健康にいいの?悪いの? 健康的に食べるには「ワクワク」す…
  8. 医薬品の「第1類」「第2類」とかって、なに? ドラッグストアで薬…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP