腸内環境

整腸剤でおなかの調子が悪くなるのはなぜ?

「整腸剤を飲んだら、おなかの調子が悪くなった」という話を聞いたことはありませんか?

おなかの調子を整えるために飲んだ整腸剤なのに、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか。また、そもそも整腸剤とはどのような役割を持つ薬なのでしょうか。
今回は、整腸剤とおなかの関係、そして上手に活用するポイントについて解説します。

整腸剤の役割とは

整腸剤は、「大きな疾患というわけではないけれど、おなかの調子を整えたい」というときに処方されます。

生活リズムや食習慣の変化、精神的なストレスなどが原因で腸の働きが低下すると、おなかがゴロゴロしたり、下痢や便秘などを起こしやすくなります。

そのようなときに、腸内のバランスを整えるために飲まれるのが、整腸剤です。

便秘薬・下痢止め薬とは違う

便秘・下痢を改善するときにも整腸剤は処方されますが、同じものではありません。

たとえば便秘薬は、有効成分で腸を刺激し、便をやわらかくすることで便秘を解消します。それに対し、整腸剤は腸内の環境を整え、穏やかな作用でお通じを促すようにつくられています。

便の状態がかたくなったり、やわらかくなったりと変化する大きな要因は、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が優位になってしまっていることです。

整腸剤は、このバランスを整えます。そのため、便秘・下痢の両方に効くのです。

ただし整腸薬に即効性はありません。もし便秘や下痢の症状がひどい場合は、便秘薬や下痢止め薬で一時対処し、並行して腸内の環境を整えることも必要です。

整腸剤はあくまで「健康のベースをつくる薬」

整腸剤にはいろいろな種類がありますが、一般的なものには、乳酸菌・ビフィズス菌・宮入菌などの生菌類が使われていることが多くあります。

これは、菌によって腸内を活性化させ、腸自体が消化酵素を分泌し消化を促進できるようサポートをするためです。

ここで気を付けて欲しいのは、整腸剤はあくまで腸のはたらきを促し、状態を良くするためのものだということ。特定のウイルスや細菌をやっつけるという作用はありません。

つまり整腸剤は、化学的な薬品というよりは、腸内の菌のバランス改善をサポートするための、セルフメディケーションの役割が大きい薬である、ということなのです。

整腸剤でおなかの調子が悪くなる原因

整腸剤は、病院で処方してもらう他にも薬局などで自分で購入することも可能なため、身近な薬だといえます。しかし、病院で処方された整腸剤だからといって安心して飲んでいたら、妙におなかの調子が悪くなった、というパターンも良く見受けられます。

この副作用が起きる原因には、思わぬ理由があります。

腸内の悪玉菌が、副作用の原因

たとえば、先ほど出てきた「宮入菌」、聞きなれない名前かと思いますが、「ミヤリ酸」「ミヤBM」と聞くと、「その薬なら飲んだことがある」という方も多いのではないでしょうか。おなかの調子が悪くて病院を受診したとき、処方される頻度の多い「整腸剤」です。

宮入菌は「酪酸菌」の一種で、腸内の悪玉菌に対抗し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

抗生物質や胃酸にも負けず、大量に飲んでもあまり副作用が起こらない、安全な薬の一種類です。

しかしこのような安全な整腸剤であっても、「腸内の悪玉菌に対抗し」というところに、副作用を引き起こす思わぬ落とし穴があるのです。

もとの腸内環境が悪ければ悪いほど、影響が出やすい

整腸剤に含まれる菌たちが腸内の悪玉菌をやっつけてくれるのはありがたいのですが、悪玉菌が死滅するときには、「毒素」を放出することがあります。

この毒素は、健康な人にとっては自然に処理できるものです。しかしもともと腸内環境が悪く、悪玉菌がたくさんいた方の場合、その毒素の量が多いことによって、おなかの調子をさらに狂わせてしまうことがあるのです。

この副作用を、「死滅反応(ダイオフ)」と言います。

あまりひどかったら、病院へ

整腸剤に限らず、腸内環境を整えるために何かをはじめた直後、何らかの体調不良を感じることは珍しくはありません。

たとえば、少しおなかがゆるくなったり、軽い腹痛が起こることも。

これは、今までの腸内の環境バランス、つまり悪玉菌と善玉菌、日和見菌の数のバランスが変化したことによるもので、そのまま続けているうちに腸内環境が整い、症状も軽くなります。

しかし、疲労感が強くなり起き上がれなくなったり、アトピー性皮膚炎が悪化したりなど、つらい副作用を覚えることもあるのです。

そのようなときは、整腸剤を飲むのをやめることで症状は軽くなるでしょう。しかし中には、中止してからもどんどんと症状が悪化するパターンがあります。

もしそのようなことになったら、たかが整腸剤と思わず、専門医の診察を受けることをおすすめします。

ただし、死滅反応に関する知識は、すべての医師が持っているわけではありません。

「おかしいな」と思ったら、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診するようにしてみましょう。

整腸剤でおなかの調子が悪くなったときの対処法

大きな病気由来ではない、「何となくのおなかの不調」は、食生活の乱れや運動不足などの生活習慣に原因があることが多いといわれています。

そのような場合は整腸剤に頼りきらず、生活改善に取り組んでみるというのが、病気を防ぐ「セルフメディケーション」の基本です。

そしてもし「死滅反応」の副作用の可能性があるならば、まずは飲むのを中止する・もしくは量を減らすなどの調整をしてみてください。

整腸剤の菌の種類にも注意

また、飲んでいる整腸剤の菌の種類が原因となっている可能性もあります。

腸内環境は、ひとりひとり違います。そのため、今の自分の腸内に合わない種類の菌が入った整腸剤を飲んでいる場合は、効果を実感できないからです。

腸内の悪玉菌を減らす

腸内の悪玉菌を減らすことに注目をしてみましょう。悪玉菌が増えると、有毒ガスが発生し、まるで卵の腐った臭いのような悪臭を発生させます。そのため、便やおならの匂いがきつくなることがあります。

もしそのようなサインがあるなら、悪玉菌を増やさないような生活習慣に切りかえることをおすすめします。

せっかく整腸剤を飲んでも、同時に悪玉菌を増やすような生活をしていては、死滅した悪玉菌を増やすばかりでなかなか腸内環境は整いません。

ジャンクフードや揚げ物を控え、食物繊維や発酵食品を積極的に食べ、腸内環境を整えてみましょう。

まとめ

腸内環境が比較的整っている人は、たまに飲む整腸剤で死滅反応を感じることはほとんどありません。しかし、もともと腸内環境が悪く、身体のバランスを崩している人の場合、整腸剤で副作用を起こす可能性は決して低くはありません。

整腸剤を飲んだのにおなかの調子がイマイチだな、という場合は、無理をせずに服用を中止し、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診することをおすすめします。

腸内環境と、肌荒れの関係とは

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮膚炎を長いこと患っている方も、たくさんいらっしゃいます。

そこで今回は、どうして皮膚が荒れるのか、その原因として注目したい腸内環境について解説します。

腸内環境の悪化は、皮膚にあらわれる

「皮膚も臓器」という言葉があります。

臓器というと、肝臓や腎臓、胃などの内臓をイメージするかも知れませんが、実は私たちの身体を覆っている皮膚も、臓器のひとつとして大切な役割をになっているのです。

皮膚は体内毒素の排出ルート

私たちの身体からは、日々いろいろなものが「排出」されています。おしっこやうんち、汗、また鼻水やセキなども、体内にある不要物をどんどん排出する仕組みのひとつです。

さらに、髪の毛や爪などからも、体内に溜まってしまった重金属や化学薬品が少しずつ排出されています。健康な身体にはそのようなシステムが備わっており、常にクリーンな状態を保つようになっているのです。

しかし、その排出ルートが「詰まって」いたら、どうなるでしょうか。
体内には処理しきれなかった不要物が溜まってしまいます。

そうなった身体は、緊急ルートを使うことがあります。それが、皮膚です。
つまり肌荒れは、身体の中の処理しきれなかった不要物の、最後の姿ともいえるのです。

便秘をすると肌荒れになる理由

便秘をすると、お肌が荒れる…
これこそ、皮膚が臓器であることの現れです。

本来は便としてスルスル排出されるべき不要物が、体内に残ってしまうと、便に含まれる様々な毒素が腸内に滞留し、おなかの中に悪影響を及ぼし始めます。

身体はそれを解決するために、毒素を皮膚から体外に出そうとします。その結果、肌がどんどん荒れていくのです。

腸内環境の悪化の原因

肌荒れには、「外部要因」と「内部要因」があります。外部要因とは、たとえば「刺激の強い化粧品を使って荒れてしまった」「アルコール消毒をしたら、かぶれてしまった」などの、皮膚に何かが付着したことによって起こるもの。

対する「内部要因」は、先ほどから出ている、体内の排出ルートが機能しなくなったために起きる肌荒れです。

これを解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。なぜなら、腸は便秘をはじめとする排出機能をつかさどる、身体にとって重要な「デトックス臓器」だからです。

腸内フローラのバランスの崩れが原因

腸内環境は、なぜ悪化するのでしょうか。

理由はいろいろあります。中でも、ジャンクフードや揚げ物ばかり食べているような食生活は、腸内に悪影響を及ぼします。食品に含まれる添加物なども、腸にとっては刺激物です。

腸には、「善玉菌」「悪玉菌」と、「日和見菌」が住んでいます。一番多いのは、中間的な役割を果たす日和見菌、次に多いのは善玉菌で、本来悪玉菌は少数派なのです。

これらの腸内の菌たちの動き回る様子は、まるで花畑のようにも見えるため「腸内フローラ」と呼ばれており、健康な腸内では、絶妙なバランスを取って存在しています。

しかし、体外からの有害物質などにより悪玉菌が増えてしまうと、3者のバランスが一気に崩れます。そうなると、便秘だけではなく慢性的な体調不良や自律神経失調などをも引き起こす、大きな原因となってしまうのです。

ストレスや生活の乱れにも注意

腸内環境を乱すのは、食べ物だけではありません。
精神的なストレスや寝不足・運動不足なども、腸に悪影響を及ぼします。

特に昼夜逆転など、本来の人間の生きるリズムとずれた生活をしている場合は、注意が必要です。

また加齢も無視できません。腸自体の老化が進むと、悪玉菌が増えやすくなってしまうからです。

腸内をキレイにして、肌荒れを改善

肌荒れを改善するために、一生懸命に何かを塗っている方がいます。確かに一定の効果はあるかも知れませんが、その肌荒れが内部要因からきているものならば、何かを塗ることに大きな効果はありません。

それよりも、腸内をクリーンにして排出ルートを整備し、有害物質が肌から出ないようにすることが、根本的な解決策です。

最優先は便秘の解消

腸内のことを意識し始めたら、まずは便秘を解消することから始めてみてください。

自分の腸内を目で見ることはできませんが、毎日の便の調子や回数は自分で把握できますよね。そのため、管理や観察がしやすく、肌荒れ改善に結びつきやすい対策だからです。

そもそも便秘は、腸内に便が長期間溜まった状態です。身体にいい影響があるはずがありません。そしてその便がエサとなり、悪玉菌が増殖していきます。

さらには腸に溜まった便は、発ガン物質やアンモニア、硫化水素などの有害物質や、ガスを発生させてしまいます。便秘の時の便の匂いは、それらの有害物質のせいなのです。

便秘状態を放置すると、有害物質は腸壁から吸収されて、血液中をめぐり始めます。だから身体のいろいろな場所に肌荒れが起きるのです。

バランスの良い食事と、サプリメントの活用もおすすめ

しつこい便秘は、すぐには解消できません。薬に頼る方もいますが、それはあくまで一時的な対処方法です。根本解決をしなくては、また同じ状態に戻ってしまいます。

便秘解消には、食生活の改善と、運動が効果的です。

食事では以下のことに気を付けてみましょう


・食物繊維を多く含む食材を食べる

穀物、大豆製品、野菜、海藻、ゴマ、アーモンド、きのこ類

・乳酸菌を多く含む食材を食べる

ヨーグルト、ぬか漬け、納豆などの発酵食品

・オリゴ糖を多く含む食材を食べる

ゴボウ、玉ねぎ、アスパラガス、バナナ、大豆


また、山芋、メカブ、オクラといった「ねばねばする食材」も、善玉菌を増やし便秘を解消するんために効果的です。

サプリメントを活用する

よほど命に関わるような便秘の方以外は、病院には行かず、自分の生活の中で工夫をすることになります。

決して大げさな治療をするのではなく、食生活の中で取り組んでいけることから始める。これこそが、セルフメディケーションの基本です。

しかし、腸内の環境には個人差があります。自分にとってどの栄養が不足しているか・過剰なのかは、自己判断ではなかなか分からないこともあるでしょう。

そのため、腸内フローラのバランスを整えるサプリメントを利用するのも、ひとつの手です。サプリメントはあくまで補助的なものではありますが、腸内のベースを整えるためには、効率的だからです。

ただしサプリメントを利用するときも、自分勝手に選ぶのではなく、専門家のアドバイスに従うことをおすすめします。せっかく飲んだサプリが、腸にとって不要だったり過剰だったりしてはもったいないからです。

まとめ

肌荒れには、内部要因・外不要因があり、ベースを整えるためには腸内環境を改善することが必要ということが分かりました。腸は、奥深い臓器です。調べていくほどに、お肌や身体の不調に関係していくことがどんどん見えてきます。

その入り口として、まずは便秘の解消に取り組んでみることをおすすめします。もしかしたら、スキンケア用品の充実よりも、もっと大きな効果を得られるかも知れません。

 

 

実は腸内環境が原因?腸内環境を改善して健康に

「健康のためには、腸内環境を整えることが大切」

よく言われることではありますが、どうして全身の健康に腸内環境が関係しているのでしょうか?
また、最近聞くようになった「腸活」とは、いったいどのようなものでしょうか。

今回は、腸と健康の関係にフォーカスし、毎日の生活で何に気を付けたらよいのかを考えてみたいと思います。

腸内フローラとは?

私たちの腸には300~1000種類とも言われる微生物が存在し、様々な役割を果たしてくれています。そして、その微生物たちの千差万別の動きの様子はまるでお花畑のように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは、善玉菌と日和見菌、そして悪玉菌で構成されています。

日和見菌とは、腸内環境の状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなる、中間的な存在の菌です。
善玉菌が優勢のときは悪さをしませんが、腸内環境が悪化して悪玉菌が優勢になると一気に悪玉菌に加勢してしまい、バランスが崩れてしまいます。そのため、この3種類の菌の均衡を保つことが、腸内環境にとって大切なのです。

腸内フローラと私たちの健康との関係

善玉菌が正常に働き、腸を中心とする消化器系の機能が果たされていると、全身の健康レベルが上がり慢性病を避けることができます。

しかし、大人の腸内フローラは、普通に生活しているだけでも悪玉菌が優位になりやすい傾向があります。

増えた悪玉菌は、有害物質をつくり出します。それは腸管から吸収され、血流に乗って身体中をめぐりはじめ、その結果、身体のいたるところで不調が引き起こされてしまうのです。

腸内フローラと短鎖脂肪酸

腸内環境に良いとされるものとして、「食物繊維」が知られています。

食物繊維は、「水溶性」と「不溶性」に分けられます。

不溶性の食物繊維は、便のかさを増やし、腸の動きを促進して便通を改善させます。
水溶性の食物繊維は、保水作用により便を柔らかくしてくれます。

そして、水溶性の食物繊維にはもう一つ注目したい機能があります。それは、腸内で分解され、「短鎖脂肪酸」という栄養素に変化する、ということです。

「短鎖脂肪酸」には、腸内や身体全体の炎症を抑える作用や、腸管の免疫バランスを調整する作用があります。また、肥満を抑制したり、血糖を下げる働きもあることが分かっています。

【短鎖脂肪酸のはたらき】
・免疫力を向上させる
・血糖値上昇を抑制する
・悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やす
・炎症を抑える物質を発生させる
・大腸内の有害菌増殖を抑える
・肥満を抑制する
・肝臓や筋肉・腎臓の栄養源として利用される

食物繊維などをたくさん摂ることで、腸内の善玉菌が増えるとともに、短鎖脂肪酸がたくさんつくられます。そして短鎖脂肪酸が多ければ多いほど腸内環境が整えられ、病気になるリスクが低くなるのです。

 腸内環境が乱れるとどうなるのか?

腸内環境の乱れからくる不調は、単なる消化器官の病気だけではなく、「まさか、腸内環境が原因とは」と思うようなものにも及びます。

セロトニンが不足して起きる「うつ病」や不眠症なども、根本的な原因を探ると腸内環境の乱れに行きつくことが多くあります。一般的にセロトニンは食事や日光浴で増やすことができると言われていますが、大前提として腸内フローラのバランスが整っていないと、いくら食事に気を付けても効果が薄くなってしまうのです。

腸内環境の乱れが引き起こす身体の不調や症状

・肌荒れ、湿疹、アトピー性皮膚炎
・腹痛や消化不良、過敏性腸症候群
・イライラや集中力の低下、メンタルの不調
・不妊
・冷え性、肩こり、頭痛や頭重感
・筋肉、関節の痛み
・むくみや体重増加
・不眠

特に、腸内フローラと肌荒れには密接な関係があります。腸内環境が悪化すると、悪玉菌の出すパラクレゾールやフェノール類などの腐敗物質が腸内に溜まってしまい、有毒なガスが腸管を麻痺させ、便秘状態を引き起こします。

そして、便が滞留することで有害物質がどんどん血液に吸収され、全身に回ることで肌の表面にも影響を及ぼしてしまうのです。

「肌は腸の鏡」とも言われます。命に関わることではないから…と思いがちですが、肌が荒れているということは、腸内フローラが乱れているということでもあるのです。

なぜ、腸内環境が乱れる?

現代の生活には、腸内環境を悪化させる要素がたくさんあります。多少気を付けて生活をしていても、善玉菌と悪玉菌のバランスは簡単に崩れてしまいます。

食事や食習慣

腸内環境が乱れている人は、腸にとってあまり良くない食習慣を持っていることが多いでしょう。

たとえば、肉類には人体に必要なタンパク質や脂肪などの栄養素がたくさん含まれていますが、食べ過ぎることで悪玉菌を増加させてしまいます。

またジャンクフードの摂り過ぎや、清涼飲料水の飲み過ぎなども注意が必要です。

人間の身体で消化しきれないような人工の添加物や、古い油、精製された白砂糖などを大量に摂る生活を続けていると、どんなに健康な人の腸でも、次第に影響を受けてしまうからです。

「腸活」で腸内フローラのバランスを整える

「腸活」という言葉をよく聞くようになりました。

これは、単に「腸内環境のために何かをする」ということではなく、腸内フローラのバランスを保つことで、腸から「全身の健康を見直す」というものです。

たとえば今までは、「胃が弱いから刺激物を避ける」「肌荒れが気になるから化粧品にこだわる」というような、部分部分に合わせたケアをしてきたかも知れません。

しかし、ベースとなる腸内環境が整えば、身体のすみずみまでのコンディションもが整いはじめます。

そのためにも、腸活を始めて、腸内フローラのバランスを整えることに注目してみてはいかがでしょうか。

 「腸活」で健康になろう

入院や本格的な治療が必要になるような「病気」にかかっていなくても、健康レベルを上げ、毎日をいきいきと過ごすことは、人生の充実につながります。

腸活は単に腸だけにフォーカスしたものではなく、根本的な健康法なのです。

生活に取り入れやすい「おすすめ腸活」

【早寝早起き】

朝は、腸にとって大切な時間です。それは、朝食を食べることで大腸が活発に動き出し、排便をうながしてくれるからです。

便秘がちになると美容と健康に悪いというのは、よく知られていることです。しかし、夜遅くに食事をして朝食を抜かしてしまうと、排便のチャンスを逃してしまいます。スムーズな排便は、腸活の基本です。

【肉や甘いものを食べすぎない】

体力を付けるために…とタンパク質をたくさん摂る人がいますが、食べたタンパク質を分解するのは悪玉菌です。そのため、肉ばかり食べていると腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

また、砂糖も同様です。甘いものは便秘になりやすく、腸内環境のバランスを崩してしまいます。

野菜も積極的に摂るようにして、お肉やスイーツばかりに食事が偏らないようにしましょう。

【善玉菌を増やすような食事をする】

タンパク質で悪玉菌が増えるならば、善玉菌を増やすのは食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などです。これらを意識して食事をすることで、善玉菌を「増やす・育てる」ことができるようになります。


・食物繊維を多く含む食材

穀物、大豆製品、野菜、海藻、ゴマ、アーモンド、きのこ類

・乳酸菌を多く含む食材

ヨーグルト、ぬか漬け、納豆などの発酵食品

・オリゴ糖を多く含む食材

ゴボウ、玉ねぎ、アスパラガス、バナナ、大豆

また、山芋、メカブ、オクラといった「ねばねばする食材」も、善玉菌の好物であることが知られています。


まずはストレスなく始められるものを選び、「腸活」を意識した生活を送ってみましょう。

腸の中は目に見えませんが、腸活を続けることで、腸内環境は確実に改善されていきます。

まとめ

腸内環境の悪化を放っておくと、悪玉菌から腐敗物質が生み出され、病気になるリスクが高まることが分かりました。「あれ?いつもより何だか調子がいいな」という日々のためにも、腸活で腸内フローラのバランスを整えてみてください。