基礎知識

自己治癒力って何?実は健康に生きるためにとても大切なこと

「自己治癒力」という言葉を聞いたことがありますか?
自己治癒力とは、私たちの身体にもともと備わっている「体のバランスを取り、自分で自分の病気を治す力」のことです。

私たちは、身体に不調を感じると病院へ行きます。そして症状に応じた処方薬を飲んだり、診断に従って生活習慣を変えたりします。それは主には「対症療法」と呼ばれる、自覚できる症状をなだめるために行われる治療法です。

病気の苦痛や悩みを減らし、QOLを高めるためには、そのような対症療法も効果的です。感染症には抗生物質が必要です。しかし根本治療のためには、自己治癒力を高めて全身のバランスを取り、身体の根本を整えて症状が出にくい体質をつくることも大切なのです。

病気になるプロセス

病気になったとき、その直接の原因は自分ではなかなか分かりにくいものです。

病気になるプロセスを川に例えてみましょう。

あなたは今、一番下流にいて、理由は分からないけれど「疲れやすい」「頭が痛い」「胃腸の調子が悪く毎日がつらい」などの慢性疾患に悩まされています。そしてその状態を改善しようと、さまざまな対策を取っています。

ここで、中流に目を向けてみます。

川の中流の「自己治癒力」がうまく働いていない状態では、いくら下流でもがいていても、症状の原因を治すことはできません。つまり、病気というものは単発で起きるものではなく、中流や、さらにその上流で起きている現象の結果として下流に現れてくると考えられるのです。

部分へのアプローチと、全体へのアプローチのバランスが大切

現代医学では、身体の「部分(臓器)」に意識が向けられ、肝臓・腎臓・心臓などの部分それぞれにアプローチしようという考え方が主流となっています。そのため下流で起きている症状をこれ以上悪化させないように、薬の処方や手術、食事制限などの対策が取られているのです。

それに対し中流の自然治癒力は、身体の「部分」を支える土台となるものです。
どこにあるかと聞かれても見えませんし、内臓のように取り出して触ることはできません。

しかし自然治癒力は重要な働きを担っています。風邪をひいたらウィルスを駆除し、けがをしたら自然に治してくれます。ガンなども同様です。私たちの身体の中では、毎日3000個から6000個のガン細胞が生まれています。それなのにどうして皆がガンにならないかというと、ガン細胞をやっつける免疫細胞がうまく働いてくれているからなのです。

その免疫というネットワークをうまく作るためには、自律神経やホルモンバランスの総合的な連動が必要になります。それらは相互に密接につながり、部分部分では解明できないような回復力を備えています。

身体の根本を整えるには、部分への適切なアプローチと並行して、自然治癒力を上げることが求められるのです。

何がその人にとって必要なのか

ご存知のように、東洋医学ではよく漢方薬が使われます。
東洋医学では、私たちにはもともと病気を治す力が備わっており、それが何らかの原因で狂っているだけで、元に戻せば病気は治ると考えています。そのため、「病気の原因が何か」ではなく、身体バランスを元に戻すために漢方薬が処方されるのです。

しかし同じ漢方薬を飲んでも、すぐに治る人と治らない人がいます。西洋医学で処方される抗がん剤や、高血圧・糖尿の薬も同様で、薬でスッと治る人と、再発を繰り返す人がいます。これには各個人の自然治癒力が関係しています。

そして、ここで大切なのは、「何がその人にとって必要なのか」を考えることです。
ガンも風邪も肺炎も「病気」というくくりでは同じですが、その人の自然治癒力がどれくらい残っているのか、どのような治療が求められているかを見極めるバランス感覚が大切なのです。

自己治癒力が下がる理由

自己治癒力の低下には、ミトコンドリア機能が関係しています。ミトコンドリアとは、外から取り入れた栄養素をTCAサイクルに取り入れてエネルギーに変えていくという、重要な役割を担っている細胞内小器官です。

そのためミトコンドリアのバランスが崩れてエネルギーが減ると、身体の中にある60兆個の細胞が規則正しく働かなくなり、自己治癒力が落ち、病気になりやすくなってしまうのです。

ミトコンドリアの働きを低下させる原因としては
① 腸管カンジダ菌症
② 重金属・環境汚染物質の蓄積
③ 腸内環境の悪化
があげられます。

はじめに、身体の不調を川の流れに例えました。その一番上流にあるのが、腸内環境です。
原因不明の体調不良や慢性疾患は、実は腸内環境に原因があることが多いと分かり始めているのです。

まず、精神的・肉体的ともに慢性的なストレスが続くと、腸内環境が悪化します。その結果、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増え、腸内環境が悪化したことで引き起こされる病気に「リーキーガット症候群」があります。これは、腸内細菌のバランスが崩れた腸の粘膜の細胞と細胞の間に隙間ができてしまった状態のことです。しかし、腸に隙間があっても内視鏡では確認できませんから、自分では診断ができません。

そして、その本来あってはいけない腸管の隙間から、ペプチドやたんぱく質といった物質が血中に漏れてしまうことで、身体がそれを異物と認識し攻撃態勢を取ってしまいます。これが遅延型フードアレルギーです。

フードアレルギーと自己治癒力

食べてすぐにじんましんなどが出る即時型フードアレルギーと違い、遅延型フードアレルギーは反応が出るまで半日〜数日かかることもあります。そのため、原因を特定することが難しく、正しい診断をすることはなかなかに困難です。

遅延型フードアレルギーは、さまざまな病気を引き起こします。湿疹やアトピー性皮膚炎などの皮膚に出るものから、高血圧・不整脈・糖尿病といった生活習慣病、慢性疲労症候群や学習障害、うつ病など、フードアレルギーが原因とは思えないような疾患の関連も指摘されているのです。

川の中流の「自己治癒力が下がった状態」とは、まさにこのような疾患の原因となります。
そのため、上流である腸内環境の状態を整え、中流の流れをきれいに保つことが必要なのです。

自己治癒力と身体の不調のまとめ

(上流)…原因の蓄積

精神的・肉体的ストレスが腸内環境を悪化させる
カンジダ菌が増殖する・腸管カンジダ菌症にかかる
重金属・環境汚染物質が蓄積される

(中流)…自己治癒力の低下

リーキーガット症候群が起きる
遅延型フードアレルギーが起きる

(下流)…慢性疾患

さまざまな(原因不明の)症状が引き起こされる

私たちに備わった自然治癒力というものは、決して不思議な力に左右されているわけではありません。
心身にストレスがかかり腸内環境が悪化したことがはじまりとなる、「川の水源地の汚染」がもともとの原因なのです。

それを理解することは、今の生活に支障を与えている慢性疾患の大元を知ることでもあり、人間の身体がもともと持っている「自分で自分を治す力」を取り戻すための第一歩でもあるのです。

身体の不調に対し、「今日、とりあえず押さえつける」ということで処理をせず、根本的な改善のため、一番上流である腸内環境の改善から取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. リーキーガット症候群を改善する方法
  2. 最近話題のスーパーフードとは?効果ってあるの?  
  3. 腸内環境を健康にする「シンバイオティクス」とは?
  4. 腸内環境と、肌荒れの関係とは
  5. 遅延型フードアレルギーの原因とは?
  6. 腸内環境が健康を維持するために大切な理由
  7. サプリメントを選ぶときに、注意したいポイントとは
  8. 食事制限なしに遅延型フードアレルギーを改善する方法

特集記事

腸内環境と、肌荒れの関係とは

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

ピックアップ記事

医師監修記事

PAGE TOP