健康な身体をつくる、デトックスの意味と方法

デトックスとは、身体に溜まった毒素を排出することです。

日本では昔から「解毒」という考え方が重視されてきました。

江戸時代の儒学者、貝原益軒は、著書「養生訓」の中で、「酢やショウガ、ワサビ、コショウ、カラシやサンショウなどは、食事に含まれる毒を制してくれる」と書いています。今回の記事では、身体に備わった解毒作用と、デトックスへの取り組み方について解説します。

デトックスとは

自然の中には、人間にとって有害な物質も存在します。また、日常生活の中で体内に入ってしまう、食品添加物や化学物質が気になっている方も多いでしょう。

それらは放置することで体内にとどまってしまい、いつしか大きな病気のもととなる可能性もあるため、溜まった有害な物質を排出させる「デトックス」という概念が、一般的になってきているのです。

身体にそなわった、解毒機能

私たちの口から入ってくる食べ物には、栄養素だけではなく、様々な毒素や重金属、環境汚染物質などが含まれています。

身体は必要な栄養素を吸収したあと、肝臓や腎臓を通じて不要物を自然に排出しますが、特に肝臓には毒素を分解する酵素が多く存在し、「デトックス臓器」として大切な役割を果たすことが分かっています。

身体に入ってきた不要な物質や毒素は、肝臓で解毒され、胆汁に分泌され、腸管内を通って便として排出されるのです。

この「腸肝循環」は、身体に備わった大切な「自己治癒力」。

自然治癒力が高く、毒素の入ってくる量と出て行く量とのバランスがとれている状態では、体内には毒素が蓄積せず、クリーンな体内環境が保たれています。

しかし、何らかの要因で「入ってくる量」が多くなったり、「出す力が弱まったり」すると、肝臓や腎臓では処理しきれない毒素が溜まってしまい、身体の持つデトックス機能が低下してしまうのです。

身体に溜まりやすい重金属

有害物質の中でも、スムーズに排出してしまいたいのは「重金属」です。

金属と聞くと人の体とは無関係なものに思えますが、人間も自然の一部。そのため、普通の生活でも重金属が溜まることは避けられません。

【体内に溜まる主な重金属】
鉛・ヒ素・カドミウム・アルミニウム・水銀

これらは汚染された大気や化学肥料、化粧品や洗剤、そして地中の鉱物が溶けだした地下水や、それを使った農作物など、避けたくても避けられないものに入っています。

【重金属が含まれるもの】
タバコ・歯の詰め物(アマルガム)・マグロなど水銀を含む大型の魚介類

これらの重金属が身体に蓄積されてしまうと、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患、発達障害・慢性疲労症候群などになりやすいとも言われています。また重金属はアルツハイマー病やパーキンソン病などに関係していることも指摘され始めており、決して無視はできないものなのです。

デトックスと腸内環境の関係

では、スムーズなデトックスができる身体とは、どのようなものでしょうか。
実は、そこには腸内環境が大きく関わってくるのです。

腸内環境が悪いとデトックス機能は低下する

腸は、老廃物や重金属などを排出するだけではなく、全身の健康に関わる、中枢的な器官です。そのためデトックスを考えるときは、肝臓・腎臓だけではなく、腸にも注目することが必要です。

たとえば「腸にいい」とされる食物繊維は、便通を良くするだけではなく、腸内の善玉菌のエサとなることをご存知でしょうか。

善玉菌たちが作りだす物質は、身体のエネルギー代謝や血糖のコントロールにも関係し、免疫力を上げる物質をつくってくれています。

また最新の研究では、腸管の粘膜それ自体に、毒素を解脱する酵素があるということも分かってきました。

つまり、腸は肝臓に匹敵する「デトックス臓器」であり、体内の有害物質をスムーズに排出するためには、腸が正しく機能していることが大切なのです。

腸内環境の乱れは、「リーキーガット(腸漏れ)」を引き起こす

腸内環境が乱れると、腸に炎症が起こり、腸の壁に穴があいてしまいます。
これはリーキーガット状態とよばれ、腸の炎症により腸管粘膜が損傷を受け、「バリアー機能」が低下することによって起こります。

穴があいてバリアー機能が低下した腸壁からは、未消化な食べ物だけではなく、いろいろな毒素や重金属・環境汚染物質といったものも血中に漏れ出してしまうのです。

そうなると、せっかく一生懸命デトックスに気を配った生活をしていても、出す分よりも多い有害物質が体内に流れ込んでしまうことになってしまいます。

「出す」だけではなく「入れない」ことも大切

いつもクリーンな身体の状態を保つには、
・自然治癒力を高め、解毒できる身体をキープしてデトックスを進める
・毒素や有害物質を身体に入れない、溜めない
のふたつが同時に行われていることが大切です。

しかし、今までのデトックスは、身体の中に溜まった毒素を「体外に排出する」という意味だけで語られることが多かったようです。

ただし、いくらがんばって「デトックス」しても、腸内環境のバランスが崩れてリーキーガットがある状態では、デトックスしている量を上回る毒素が体内に入ってきてしまいます。それでは、意味がありません。

腸内環境を整え、リーキーガットを修復することで、肝臓に運ばれる毒素や重金属の量は減らすことができます。

同時に、肝臓のデトックス能力を高めることも重要です。

デトックスしなくては!と神経質になるよりも、「腸管や肝臓のマネージメント」をしっかりと行い、自己治癒力の高い状態をキープすることが大切なのです。

生活の中でできるデトックス

デトックスは、「毒素が溜まりきってしまう前」に、日常的に行うことが重要です。
溜まって体内にこびりついてしなった毒素を排出するには、手間と時間がかかります。そうなってしまう前に、デトックス習慣を身に付けましょう。

解毒効果の高いものを食べる

腸の活性化を促し、身体のデトックス力を上げるためには、食べ物の力を借りることも大切です。

【腸内環境を整えてくれる、解毒効果の高い食べ物】
・長ねぎ、ニンニク、玉ねぎ、ニラ(体内毒素を包み込んで排出してくれる)
・こんにゃく(グルコマナンが腸内でゼリー状になり有害物質を取り込んで排出してくれる)
・エリンギ(食物繊維を含むきのこの中でもカリウムが豊富。体内の余分な塩分を排出してくれる)
・ハーブ(パクチーや紫蘇などの香りの強いハーブには強い解毒作用と整腸作用がある)

野菜類のデトックス効果が高いことがよく分かりますね。ジャンクフードばかり食べている方は、食事の内容を見直してみてはいかがでしょうか。

生活習慣を見直す

わざわざ頑張ってデトックスに取り組まなくても、私たちの身体には自然治癒力が備わっています。その力を発揮するには、人間らしい生活をすることも大切です。

たとえば昼夜逆転の生活をしていたり、運動不足で身体の巡りが悪くなっていると、もともとの生きる力が弱まってしまいます。

そうならないように、ある程度規則正しい生活を心がけてみましょう。

神経質になり過ぎないことも大切

デトックスには腸が重要な役割を果たしますが、食べ物だけではなく、精神的なストレスも腸内環境を悪化させます。

腸は第二の脳とも言われます。一見関係が無さそうですが、腸と脳は神経系を通じて連携しており、ストレスは腸内環境にも影響を及ぼすことが分かり始めています。

仕事や人間関係などの外部的なストレスはもちろんですが、「健康になりたい」あまりに視野が狭くなり、生活の中に縛りを入れすぎるのも考えものです。

デトックスは、一生必要なこと。だからこそ身体のベースを整えて、入ってきたものがスムーズに排出できる状態をを目指しましょう。本当のデトックスとは、出すだけではなく、「身体に毒素が溜まらない仕組み」をつくってあげることなのです。

整腸剤でおなかの調子が悪くなるのはなぜ?

「整腸剤を飲んだら、おなかの調子が悪くなった」という話を聞いたことはありませんか?

おなかの調子を整えるために飲んだ整腸剤なのに、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか。また、そもそも整腸剤とはどのような役割を持つ薬なのでしょうか。
今回は、整腸剤とおなかの関係、そして上手に活用するポイントについて解説します。

整腸剤の役割とは

整腸剤は、「大きな疾患というわけではないけれど、おなかの調子を整えたい」というときに処方されます。

生活リズムや食習慣の変化、精神的なストレスなどが原因で腸の働きが低下すると、おなかがゴロゴロしたり、下痢や便秘などを起こしやすくなります。

そのようなときに、腸内のバランスを整えるために飲まれるのが、整腸剤です。

便秘薬・下痢止め薬とは違う

便秘・下痢を改善するときにも整腸剤は処方されますが、同じものではありません。

たとえば便秘薬は、有効成分で腸を刺激し、便をやわらかくすることで便秘を解消します。それに対し、整腸剤は腸内の環境を整え、穏やかな作用でお通じを促すようにつくられています。

便の状態がかたくなったり、やわらかくなったりと変化する大きな要因は、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が優位になってしまっていることです。

整腸剤は、このバランスを整えます。そのため、便秘・下痢の両方に効くのです。

ただし整腸薬に即効性はありません。もし便秘や下痢の症状がひどい場合は、便秘薬や下痢止め薬で一時対処し、並行して腸内の環境を整えることも必要です。

整腸剤はあくまで「健康のベースをつくる薬」

整腸剤にはいろいろな種類がありますが、一般的なものには、乳酸菌・ビフィズス菌・宮入菌などの生菌類が使われていることが多くあります。

これは、菌によって腸内を活性化させ、腸自体が消化酵素を分泌し消化を促進できるようサポートをするためです。

ここで気を付けて欲しいのは、整腸剤はあくまで腸のはたらきを促し、状態を良くするためのものだということ。特定のウイルスや細菌をやっつけるという作用はありません。

つまり整腸剤は、化学的な薬品というよりは、腸内の菌のバランス改善をサポートするための、セルフメディケーションの役割が大きい薬である、ということなのです。

整腸剤でおなかの調子が悪くなる原因

整腸剤は、病院で処方してもらう他にも薬局などで自分で購入することも可能なため、身近な薬だといえます。しかし、病院で処方された整腸剤だからといって安心して飲んでいたら、妙におなかの調子が悪くなった、というパターンも良く見受けられます。

この副作用が起きる原因には、思わぬ理由があります。

腸内の悪玉菌が、副作用の原因

たとえば、先ほど出てきた「宮入菌」、聞きなれない名前かと思いますが、「ミヤリ酸」「ミヤBM」と聞くと、「その薬なら飲んだことがある」という方も多いのではないでしょうか。おなかの調子が悪くて病院を受診したとき、処方される頻度の多い「整腸剤」です。

宮入菌は「酪酸菌」の一種で、腸内の悪玉菌に対抗し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

抗生物質や胃酸にも負けず、大量に飲んでもあまり副作用が起こらない、安全な薬の一種類です。

しかしこのような安全な整腸剤であっても、「腸内の悪玉菌に対抗し」というところに、副作用を引き起こす思わぬ落とし穴があるのです。

もとの腸内環境が悪ければ悪いほど、影響が出やすい

整腸剤に含まれる菌たちが腸内の悪玉菌をやっつけてくれるのはありがたいのですが、悪玉菌が死滅するときには、「毒素」を放出することがあります。

この毒素は、健康な人にとっては自然に処理できるものです。しかしもともと腸内環境が悪く、悪玉菌がたくさんいた方の場合、その毒素の量が多いことによって、おなかの調子をさらに狂わせてしまうことがあるのです。

この副作用を、「死滅反応(ダイオフ)」と言います。

あまりひどかったら、病院へ

整腸剤に限らず、腸内環境を整えるために何かをはじめた直後、何らかの体調不良を感じることは珍しくはありません。

たとえば、少しおなかがゆるくなったり、軽い腹痛が起こることも。

これは、今までの腸内の環境バランス、つまり悪玉菌と善玉菌、日和見菌の数のバランスが変化したことによるもので、そのまま続けているうちに腸内環境が整い、症状も軽くなります。

しかし、疲労感が強くなり起き上がれなくなったり、アトピー性皮膚炎が悪化したりなど、つらい副作用を覚えることもあるのです。

そのようなときは、整腸剤を飲むのをやめることで症状は軽くなるでしょう。しかし中には、中止してからもどんどんと症状が悪化するパターンがあります。

もしそのようなことになったら、たかが整腸剤と思わず、専門医の診察を受けることをおすすめします。

ただし、死滅反応に関する知識は、すべての医師が持っているわけではありません。

「おかしいな」と思ったら、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診するようにしてみましょう。

整腸剤でおなかの調子が悪くなったときの対処法

大きな病気由来ではない、「何となくのおなかの不調」は、食生活の乱れや運動不足などの生活習慣に原因があることが多いといわれています。

そのような場合は整腸剤に頼りきらず、生活改善に取り組んでみるというのが、病気を防ぐ「セルフメディケーション」の基本です。

そしてもし「死滅反応」の副作用の可能性があるならば、まずは飲むのを中止する・もしくは量を減らすなどの調整をしてみてください。

整腸剤の菌の種類にも注意

また、飲んでいる整腸剤の菌の種類が原因となっている可能性もあります。

腸内環境は、ひとりひとり違います。そのため、今の自分の腸内に合わない種類の菌が入った整腸剤を飲んでいる場合は、効果を実感できないからです。

腸内の悪玉菌を減らす

腸内の悪玉菌を減らすことに注目をしてみましょう。悪玉菌が増えると、有毒ガスが発生し、まるで卵の腐った臭いのような悪臭を発生させます。そのため、便やおならの匂いがきつくなることがあります。

もしそのようなサインがあるなら、悪玉菌を増やさないような生活習慣に切りかえることをおすすめします。

せっかく整腸剤を飲んでも、同時に悪玉菌を増やすような生活をしていては、死滅した悪玉菌を増やすばかりでなかなか腸内環境は整いません。

ジャンクフードや揚げ物を控え、食物繊維や発酵食品を積極的に食べ、腸内環境を整えてみましょう。

まとめ

腸内環境が比較的整っている人は、たまに飲む整腸剤で死滅反応を感じることはほとんどありません。しかし、もともと腸内環境が悪く、身体のバランスを崩している人の場合、整腸剤で副作用を起こす可能性は決して低くはありません。

整腸剤を飲んだのにおなかの調子がイマイチだな、という場合は、無理をせずに服用を中止し、分子栄養学や機能性医学に基づいて治療を行っている医療機関を受診することをおすすめします。

サプリメントを選ぶときに、注意したいポイントとは

日本人の約3割が、毎日服用しているともいわれるサプリメント。とても身近なものですが、果たして本当に自分の身体に合ったものを選べているでしょうか?

気軽に購入できる分、正しく選ぶための知識・意識が求められるサプリメント。今回は、サプリメントの定義から、選ぶときのポイントまでをまとめて解説します。

サプリメントってそもそも何?効果はあるの?

英語で「補う」という意味を持つ「Supplement(サプリメント)」は、日常では摂りにくい栄養素・成分を補うために使用されるもので、日本語では「栄養補助食品」と訳されています。

ここで注意したいのは、サプリメントは医薬品ではなく、あくまで「健康食品」であるということ。
病院で処方される薬のように、何らかの医学的根拠に基づいたものではない、ということです。

サプリメントの定義

サプリメントは健康食品ですから、法律で特に定義されていません。

「健康の保持・増進を助ける食品として販売・利用されるもの」として販売されており、サプリメントは他の健康食品とは違い、錠剤やカプセル状であることが特徴です。

有効な活用方法

サプリメントを飲む動機は様々ですが、自分にとって不足していると思われる栄養素の補給が中心です。目的はダイエットなどの美容の場合もあれば、疲労回復や体質改善などの健康の場合もあります。

本来、健康をキープするためには、食生活のバランスを取り、適度に運動し、充分に休むことが大切。しかし外食が増えたり、生活時間の乱れなどが重なると、誰しもが「このままでいいのか」と考えるようになります。

また栄養バランスを考えた食事をしている場合でも、身体に必要な栄養素をすべて取れているかというと、そうは言えません。サプリメントは、そのようなときに有用です。また、普段の食事量では微量にしか含まれない成をも手軽に摂ることができるのも魅力です。

ピンからキリまであるサプリメント

手軽に買えるサプリメントですが、その中身はピンからキリまで。

たとえば、以前中国製のダイエットを目的としたサプリメントで、肝機能障害などの健康被害が出た事件がありました。これらは正確には健康食品ですらなく「無承認無許可医薬品」だったのですが、CMやネット広告だけでは、どのようなサプリメントなのかを消費者が判断することは困難です。

またサプリメントを飲む場合、何らかの「効果」を求めて選ぶことが多いでしょう。サプリメントが単なる補助的な役割であることを理解していても、ついつい目に見える結果を追ってしまいがちです。

しかし、私たち消費者がサプリメントの分類ごとの特長を知り、自分の健康に本当に役立つサプリメントを選べるようになることが大切なのです。

一般的なサプリメントで注意したいポイント

日本の国内で、一般に販売されているサプリメントは、ネット販売のものも含め、日本の「薬機法」の元に販売されています。

日本の薬機法のサプリメントに対しての認識は、「不足しているビタミンやミネラルを補う」という位置付けであり、1日の必要量以上に補うことは「過剰摂取になる」というものです。

そのため、国内で許可されているサプリメントはあくまで栄養食品であり、含有量が「過剰摂取にならない量」ということになります。海外のサプリメントより、日本のものが効かない…などと言われる理由のひとつです。

市販のサプリメントに入っている添加物

市販のサプリメントのほとんどには、添加物が含まれています。

たとえば以下のようなものです。
・飲みやすくするためのコーティング剤
・油分を水に溶かすための乳化剤
・見た目を整えるための着色料
・内容量を増やすための充填剤・増量剤
・味を整えるための香味料・甘味料
・長持ちさせるための保存料

それ以外にも、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、亜セレン酸ナトリウム、ラクトース、二酸化チタン、第二リン酸カルシウムなどの添加物が使われていることが多くあります。

これらは必ずしも身体に毒、とは言い切れませんが、私たちが思う以上にサプリメントには添加物が入っていることは、知っておいた方が良いでしょう。

医療用サプリメントについて

食品として扱われる一般的なサプリメントに対し、「医療用サプリメント」というものがあります。これは主にアメリカなどの医療現場で使われている、高品質・高容量のサプリメントです。

医療用と聞くと「病院でもらえる」とイメージしがちですが、日本の医療現場では、医療用サプリメントはまだあまり普及していません。

その理由は、大きく2つです。

①日本の医療は基本的に「保険医療」として行われている

保険診療を行っている一般的な病院では医薬品を使った治療がメインとなっており、サプリメントを使うような予防医療や栄養療法は、治療としてみなされていません。

②混合診療を禁止する法律がある

日本には「保険診療と自由診療を混ぜて行ってはいけない」という、混合診療を禁止する法律があるため、保険適用の医薬品と、保険のきかない医療用サプリメントを併用することができません。

そのため一般的な病院で医療用サプリメントを処方されることはあまりありません。

医療用サプリメントの特徴

先ほど出たように、日本の薬機法には、一般的なサプリメントには不足分を補うだけの容量しか含められない決まりがあります。

そのため、単なる美容目的や体質改善ではなく、何らかの病気を治す効果を期待する場合、医療用として高容量のサプリメントが使われることがあるのです。

医療用サプリメントには厳格な規格が定められています。製造・販売するには、たくさんの試験をクリアして、厚生労働省の承認を受ける必要があるのです。

つまり、コンビニやドラッグストアで購入できる食品としての一般的なサプリメントと、高容量の医療用サプリメントは、まったく違うものということです。

そのため、
・一般的なサプリメントで病気を治すことは難しく、あくまで「食事の補助」であること
・容量と品質に差がある「医療用サプリメント」というものが存在していること
を知り、自分の目的に応じて使い分けをすることが必要なのです。

サプリメントの効果を実感するために

どのような目的でサプリメントを飲むにしても、効果を実感するためには

・自分に合ったサプリメントを選ぶこと
・並行して生活習慣や食生活も見直すこと

が基本になります。

基本の食生活を見直す

基本の食生活が乱れているのに、「サプリメントで補うから何とかなる」という方がいます。しかしそれは危険な考え方です。

身体に必要な栄養素は、ある程度決まっています。まずは食事でベースを整え、サプリメントでさらにバランスを取ることが理想です。

自分にあったものを選ぶ

サプリメントも、人によって「合う・合わない」があります。

たとえば「身体に良さそう」と多種類のサプリメントを飲む場合は、成分がかぶっていて過剰摂取になる可能性もありますし、配合されている成分でアレルギーを引き起こすことも考えられます。

また服薬中の薬がある場合は、飲み合わせも重要です。

医師のアドバイスをもらうこともおすすめ

サプリメントも、副作用がないわけではありません。また自分にとってどの栄養が不足しているか、もしくは過剰なのかは自分では分かりにくいため、分子栄養学・機能性医学についての知識がある医師のアドバイスをもらうことも有用です。

自分勝手なサプリメントの服用は、悩みを改善させるどころか、症状を悪化することもあるため、注意が必要です。

まとめ

同じようなかたちのサプリメントにも、いろいろな種類があることがお分かりいただけたと思います。ネットの情報やCMだけで判断せず、成分や内容量を確認することも大切ですね。また自分の目的をはっきりさせ、セルフメディケーションのために、サプリメントを正しく選べるようにしてみてください。