腸内環境

知って食べると効果的 乳製品とビフィズス菌の違いとは?

ヨーグルトには、たくさんの「菌」が入っていることはよく知られています。
そして、それが「おなかのためにいい」ということも、有名ですよね。
では、その中でも名が知られている「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の違いはご存知でしょうか?
今回の記事では、その違いを解説します。ぜひヨーグルトやサプリメント選びの参考にしてください。

腸内にいる「菌」の話

乳酸菌とビフィズス菌の話の前に、腸内にいる「菌」についてご説明しましょう。

私たちの腸には、なんと300~1000種類とも言われる微生物が存在し、いろいろな役割を果たしてくれています。そして、その微生物たちの千差万別の動きの様子はまるでお花畑のように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは、善玉菌と日和見菌、そして悪玉菌で構成されています。

日和見菌とは、腸内環境の状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなる、ふらふらした存在の菌です。善玉菌が強いときは悪さをしませんが、悪玉菌が増えはじめると一気に悪玉菌に加勢してしまい、腸内のバランスが崩れてしまいます。

そのため、この3種類の菌がバランスを保っていることが、健康な腸の条件になるのです。

乳酸菌とビフィズス菌は、腸内環境の味方

乳酸菌もビフィズス菌も、善玉菌を増やし、腸内フローラの状態を整えるという手助けをしてくれます。そのため積極的に摂りたいところですが、まずはふたつの菌の特徴を知っていきましょう。

乳酸菌

【棲息場所】ヒトの小腸内、土壌や植物、つけものや乳製品などの発酵食品の中
【ヒトの大腸内の菌数】約1億個〜1000臆個
【酸素との関係】酸素があっても生息できる
【何をつくり出すか】乳酸

乳酸菌は、腸内を酸性にかたむけて腸内の腐敗を防止したり、腸のぜん動運動をサポートし、便秘解消に一役買ってくれる菌です。

また、腸の抵抗力を支えてO157などの食中毒を防いだり、免疫力をアップさせるなどの働きが知られています。さらに腸だけではなく、口の中の細菌に働きかけ、虫歯や歯周病・口臭の原因となる菌の増殖を防いでくれています。

牛乳に繁殖してヨーグルトをつくる「動物性乳酸菌」と、野菜などを発酵させる「植物性乳酸菌」があり、どちらも私たちの食生活に密接な関りをもっています。

ビフィズス菌

【棲息場所】ヒトの大腸内
【ヒトの大腸内の菌数】約1兆個〜10兆個
【酸素との関係】酸素があると生育できない
【何をつくり出すか】乳酸と、酢酸

ビフィズス菌は、人の腸内に一番多くすんでいる有用な菌で、腸内フローラの中心的存在。

乳酸菌が「乳酸」をつくるのに対し、ビフィズス菌は乳酸だけではなく「酢酸」もつくります。これがとても重要で、ビフィズス菌のつくった酢酸は強い殺菌効果を持ち、悪玉菌を退治してくれるのです。

どちらも、健康的な腸内環境をキープするために、重要な役割を果たしてくれていますね。

乳酸菌・ビフィズス菌をヨーグルトで摂る

ふたつの菌を手軽に摂ることができるのが、おなじみヨーグルトです。
しかし、やみくもに市販のヨーグルトを食べるだけでは、効果的な摂取とはいえません。

知っておきたいヨーグルトと菌の関係

  • 一般的なヨーグルトは、乳酸菌のサーモフィラス菌とブルガリア菌で発酵する
  • ビフィズス菌入りヨーグルトは、それにさらにビフィズス菌を加えて発酵させている
  • 乳酸菌だけのヨーグルトより、ビフィズス菌入りの方が、整腸作用が大きいといわれている
    • ヨーグルトのパッケージに大きく「ビフィズス菌入り」と明記されている理由が分かりましたね!

      実はヨーグルトの中でビフィズス菌を生かしておくには、高い技術が必要です。そのため、各メーカーが「この商品にはビフィズス菌が入っているよ、健康効果が高いよ!」と、アピールをしてくれているのです。

      乳酸菌とビフィズス菌を摂るタイミングは、食後がよいとされています。
      特にビフィズス菌は胃酸に弱いため、胃酸が薄まって影響を受けにくい食後がベスト。
      ヨーグルトを食べるなら、食後のデザートにしてみてはいかがでしょうか。

      サプリメントで摂る

      ヨーグルトが苦手、毎日食べることができない、という方はサプリメントで摂るという方法もあります。

      一般的に、「整腸作用のあるサプリメントを飲もうかな」と考えるときは、おなかの調子がイマイチなときでしょう。
      しかし乳酸菌とビフィズス菌は、元気に生きていくうえで大切な菌。「おなかがおかしいな」と思ったときには、すでに腸内フローラのバランスが乱れているということでもありますから、毎日の腸メンテナンスを兼ねて、サプリメントもうまく活用してみましょう。

      食事のなかで補う

      乳酸菌とビフィズス菌は、ヨーグルトやサプリメントに頼りきらずとも、毎日の食事の中で補うことができます!

      特に乳酸菌は、和食のかなめでもある「醤油・味噌などの大豆発酵食品」に豊富に含まれています。
      また、ぬか漬けをはじめとする日本のつけものは、乳酸菌の宝庫です。
      キムチ、納豆、チーズなども、乳酸菌を摂り入れるために積極的に食べたいですね。

      ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサにして腸内でどんどん増えます。そのため、ゴボウ・玉ねぎ、大豆、バナナやトウモロコシなどの、オリゴ糖を多く含む食材を摂ることをおすすめします。

      バランスの取れた食生活をすることで、腸内の善玉菌はどんどん増えていきます。健康的な毎日を送るためにも、食事を見直してみてはいかがでしょうか。

      まとめ

      何となく「身体に良さそう」というイメージの乳酸菌とビフィズス菌。
      それぞれ、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれますが、少しずつ役割が違うということが分かりました。

      まずは、和食や野菜を中心とした食生活を送り、そのサポートとしてヨーグルトやサプリメントをうまく活用してみてください。腸内環境は健康の土台となります。「あれ?最近何だか調子がいいな」という日々が送れるといいですね。

関連記事

  1. 食事制限なしに遅延型フードアレルギーを改善する方法
  2. 原因不明の体調不良は遅延型フードアレルギーが原因かも
  3. 実は腸内環境が原因?腸内環境を改善して健康に
  4. 腸内環境が健康を維持するために大切な理由
  5. 整腸剤でおなかの調子が悪くなるのはなぜ?
  6. 腸内環境を健康にする「シンバイオティクス」とは?
  7. リーキーガット症候群とは?
  8. 遅延型フードアレルギーの原因とは?

特集記事

腸内環境と、肌荒れの関係とは

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

ピックアップ記事

医師監修記事

PAGE TOP