栄養

危険性はどれくらい?市販の栄養ドリンクを飲むときに知っておきたいこと

疲れたけれど、ゆっくり休息が取れない!
そんなときに頼りになるのは栄養ドリンクですね。
忙しい現代人にとって、ありがたい存在です。
しかし、もしあなたが「栄養ドリンクがないと頑張れない」「毎日のように飲んでしまっている」という状態なら、それは少し危険。
今回は、栄養ドリンクの何が危険なのか、そして飲むときに知っておきたい知識をお伝えします。

そもそも、栄養ドリンクとは

肉体が疲れたときの栄養補給などを目的として販売されているドリンクのことです。最近ではエナジードリンクという呼び方も定着してきました。

栄養ドリンクは、くたくたに疲れたときや、風邪をひいて栄養を摂りたいときなどによく飲まれますが、実は含まれる成分とその含有量によって、以下のように分類されています。

・医薬品
※医療用医薬品ではないため、医師の処方箋は不要
・医薬部外品
・清涼飲料水
※食品衛生法に基づいて運用される食品の一種。効果効能や、用法・容量を表示できない
(特定保健用食品は除く)

身体に効きそうな「医薬品」扱いのものから、ゴクゴク飲めそうな清涼飲料水扱いのものまで。
幅広い栄養ドリンクが販売されており、コンビニや薬局で気軽に誰でも購入することができます。

しかし、栄養ドリンクにはメリットとデメリットがあります。
それを知って、正しく飲むことが必要です。

栄養ドリンクは、効くの!?

小さな瓶の中に、タウリンやビタミンなどの必須アミノ酸や、カフェイン・漢方由来成分などが凝縮して入っているため、あなたが「栄養失調状態」であるならば、緊急対応としての効果はあるでしょう。

しかし私たちが栄養ドリンクを購入するときは、栄養失調状態から回復するためではなく、「もう少し仕事を頑張らなくてはいけないとき」「寝ずに試験勉強をするとき」という、身体に無理をさせるときの方が圧倒的に多いはずです。

しかし忘れてはいけないのは、「栄養ドリンクに配合されている栄養は、日々の食事から摂ることが可能」ということ。決して、栄養ドリンクにしか含まれていない、というわけではないのです。

栄養ドリンクの成分

飲む前に、栄養ドリンクの成分表を見てみましょう。含まれている内容物のほとんどは、化学物質であることに気が付くでしょう。

もちろん、日本が認可した飲み物です。
一定の危険性は排除されていますが、身体の中に化学物質や添加物が凝縮したものを、あえて入れる必要があるのか、ということを今一度考えてみましょう。

栄養ドリンクには主に
・タウリン
・カフェイン
・アルコール
・アルギニン
・糖類
・ビタミン類
などが含まれていますが、これらは決して魔法の栄養素ではありません。人工的に化合された、「一時的な対処」のためのものです。

栄養度ドリンクの過剰摂取リスク

次に、栄養ドリンクを飲み過ぎたときのリスクを見ていきましょう。

・アルコールやカフェインの、依存症になる可能性がある
・アルコールやカフェインが、今飲んでいる薬との飲み合わせが悪い可能性がある
・カフェイン過剰摂取で、不整脈、心拍数増加、嘔吐、睡眠障害や頻尿などの症状が出やすい
・肝臓への負担が大きく、効果が切れたあと、疲労感が増すことが多い
・糖分が含まれている商品が多く、毎日飲むことで糖尿病や肥満のリスクがある
・アメリカでは過剰摂取での死亡事故が確認されている

必要以上に恐れることはありませんが、上記は主に「飲み過ぎ」によって引き起こされるリスクです。

たとえばエナジードリンクをはじめ、多くの栄養ドリンクに含まれているカフェイン・アルコール。
「飲むと目がさえて、体力が回復した!」と感じる理由は、決して疲労のもとが消えたわけではなく、カフェインの覚醒作用やアルコールの気分高揚効果で、疲れを感知できない状態にしているだけです。

カフェインは一時的に脳血管を収縮させ、鎮痛作用を持つため「元気になった」と錯覚しやすいのですが、カフェインが切れると脳血管は拡張し、かえって痛みや不調を感じやすくなります。

自分で自分の疲れを認識できない、という状態は、とても危険です。
服用は「ここ一番」というときだけにとどめ、栄養ドリンクで健康をキープするという考え方をやめてみてはいかがでしょうか。

栄養ドリンクの代わりに、身体を元気にする飲み物とは

疲労回復や健康な身体のためには、「食習慣を改める・ゆっくり睡眠を取る」ことが大切だと、皆さん頭では知っているはずです。
しかし「そんなことができないから、栄養ドリンクを飲んで頑張っているんだよ!」という方が多いのも事実。そこで、栄養ドリンクと並行して飲んでほしいドリンクをご紹介します。

それは「ミネラルウォーター」です!

ただの水!?
と思われるかも知れませんが、実は現代人の不調の原因には、水分不足も多くみられます。
きちんと水を飲むだけで、頭痛や便秘が治ったという声も聞かれます。
身体に水分を循環させ、肝臓の働きを助けることで、だるさが消えるケースもあるのです。

コーヒーやジュース、ビールでは効果はありません。

飲み方としては、一気にゴクゴク飲むのではなく、「気がついたら、少しずつ」が鉄則です。また冷えた水ではなく、常温で飲むことで、内臓への負担が軽くなります。

ただし、水といっても飲み過ぎは禁物!
1日2リットルを目安にして、体内に水分をいき渡らせるような気分で飲みましょう。

そして、栄養ドリンクに頼らなくてもいい身体を目指し、工夫していくことが大切なのです。

まとめ

たまの栄養ドリンクで、「元気になった!助かった!」と効果を実感することは問題ありません。
ただし、飲まずにいられなくなってしまうのは、とても危険です。
忙しい人こそ、栄養ドリンクに頼らずに疲労回復ができる「自己治癒力の高い身体づくり」を意識してみてくださいね。

関連記事

  1. 大人にもカルシウムが必要な理由と、効果的な取り方について
  2. 「つくれない・ためれない」ビタミンC、効果的に摂取するポイントと…

特集記事

腸内環境と、肌荒れの関係とは

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

ピックアップ記事

医師監修記事

PAGE TOP