その他

うつ病に気付けないのはなぜ? 前兆を放置せず、「助けて」といえることが大切


うつ病にかかってしまう方が増えています。
しかし、「なってから」の情報はたくさん溢れていますが、「なる前のこと」はあまり語られていません。
うつ病だって、風邪と同じく、「かからないようにする」ことと、「初期症状が出たら、早めに対処する」ことが大切。今回は、うつ病のサインと、早期発見の大切さをお話します。

重くなってからうつ病は

うつ病は、手術や入院で治せるものではありません。
また、回復までに長い時間がかかるのも特徴のひとつです。

そんなつらい病気にもかかわらず、苦しんでいる方が多いのには、
「初期で気付けず、仕事に行けないような重い状態になるまで放置していた」
「まさか自分が…という否定の気持ちから、正しい対処をしていなかった」
という理由があります。

では、どうしてうつ病は初期で発見しにくいのでしょうか?

過小評価しがちな小さなストレス

うつ病の人は、自分では気が付かなかったにしても、何らかのストレスにさらされていたはずです。

それは、人間関係や金銭問題などの分かりやすいストレスから、幼少時代に受けた心の傷、また災害や家族の死などの避けられない出来事まで、多様です。

この「大小さまざまなストレス」というのがくせ者で、たとえば「食欲不振」「朝にやる気が出ない」という、うつ病のよくある初期症状が出ていても

「この食欲不振は、きっと疲れているからだし、そのうち治るだろう」
「ああ…上司に叱られるのイヤだなあ…会社に行く元気がないけれど、上司のせいだな」

と、自分にかかっているストレスを過小評価してしまいがち。

そして、たとえ誰かに
「最近全然食べていないし、とってもつらそう。もしかして、うつ病じゃない?」
と忠告されていたとしても、

「イヤな上司がいてね…ちょっと胃が痛いだけ!人事異動でいなくなるのを待つわ」
と聞き流すでしょうし、

そもそもその程度の前兆で
「うつ病の可能性があるので、休みます」
などとはいえない、という現状もあるでしょう。

そのような「食欲不振や朝のやる気のなさ」を、うつ病になってからはじめて
「ああ、ちゃんと前兆が出ていたんだな…」と思い出すも、なってしまっては仕方ありません。

しかしうつ病はすぐには治りません。早い方で3か月、長期戦になると年単位での戦いになります。そうなったら一度仕事や学校から離れることになりますし、自分自身への大きなダメージも受けてしまうことになります。

うつ病によくある症状は?

うつ病の症状には、以下のようなものがあります。

  • 早朝に目が覚めてしまい、その後、二度寝ができなくなる
  • 午前中にだるさを感じ、何もやる気が出ない
  • 集中力が欠け、前と同じことをしていても、すぐに疲れを感じるようになる
  • 午後、夕方から少し元気が出てくる
  • 人と会うこと、話すことが面倒に感じてくる
  • 憂うつな気分が続き、自分で気持ちをコントロールできなくなる
  • 食欲、性欲も減退し、気力がなくなる
  • お風呂に入るのが面倒になる、シャワーですらおっくうに感じる
  • 寝付きが悪くなる、また夜中に目が覚めてしまう

どうでしょう。ストレスにさらされて生活をしている方には、当たり前になっている症状もあるのではないでしょうか。

しかし、はじめは「えっ、これが?」と思うようなささいな不調かも知れませんが、上記のような症状が2週間以上続くと、うつ病にかかっている可能性があるとされています。

ガマンが当たり前になっていませんか?

たいていの方は、うつ病の初期症状があっても、ガマンをします。
それくらいで…という考え方の社会で生きているからです。

そして、ドリンク剤を飲む・とにかく寝るなどの方法で乗り切ろうとします。しかし、もしうつ病にかかっていたのなら、「ゆっくり寝たから元気になった!」とはなりませんし、そもそも熟睡はできません。

休日に「ストレス解消をしよう」と何かに取り組んでも、今までは楽しかった趣味にも興味が持てなくなっていますし、出かけること自体が面倒になっているはずです。

その段階で「ちょっとおかしいな」と、自力でメンタルクリニックにでも行けた方は、まだ早いうちの処置ができるでしょう。

しかし、うつ病は、判断力すら奪ってしまう病気です。自分で自分の状態を正しく認識などできませんし、
元気なときならすぐにできる病院の予約なども、面倒になってしまうため、ズブズブと悪化への道をたどってしまうのです。

うつ病の増加理由には、社会的側面と、属人的側面がある

うつ病は、気のせいや精神的なものではなく、いわゆる「脳のエネルギーが欠乏した状態」です。

私たちの脳は、多くの情報を処理し、心身を健康に保つためのバランスを取っていますが、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内に必要な物質が不足し、そのバランスが崩れてしまうのです。

現在、うつ病のメカニズムは、だいぶ解明されてきていますし、多くの経験者の声から、「こうした方がいい」「これが有効」という情報も得ることができます。

うつ病が増えている背景には、ストレスを受ける環境が増えている、という社会的な面と、「自分の身体からのSOSに気が付けない、対策が遅れている」という属人的な面があるのではないでしょうか。

もしかして、と思ったら

とはいえ、腹痛や頭痛、単なる気分の落ち込みをすべて「うつ病の前兆かも」と思っていては、身が持ちませんよね。

そこでまずは、その症状が単発的なものなのかを、見定めましょう!

・原因のはっきりしている身体の不調、一過性の病気は、しっかり治す
・原因不明の不調が長引いているなら、ストレスなど心の問題が関連している可能性を考える
・ストレスの原因を取り除く、誰かの手を借りる、相談する

ためらわずに、これらのことをしておく必要があります。

気分の落ち込みも、同様です。

・原因がはっきりしており、数日でポジティブさが取り戻せるなら、問題なし
・いつまでもネガティブなことばかり考え、気分が晴れないなら要注意
・自分に価値がない、何もうまくいかない、などと考え始めたら、専門家に相談する

特に「自分で動くのが、異常に面倒」と感じ始めているなら、要注意。
「病院に連れて行って」
「できないことを手伝って」と、
信頼できる人に助けを求めることで、ダメージを少しでも回避することができます。

重度になってから苦しむことのないように、少しでも早く自分の「つらさ」に気が付いてあげてくださいね。

まとめ

うつ病は、「何月何日、発症を確認!」という性質の病気ではありません。
気が付かないうちに、脳を委縮させ、エネルギーを奪っていきます。

「自分の心の状態が悪い」と自覚したときには、すでにうつ病にかかっている可能性もあります。
そこまでいく前に、心身からのサインを無視せず、元気なうちに小さな要因を取り除いていくことが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【医師に聞く】2018年風疹流行、風疹ウイルスと免疫力の関係
  2. 【医師に聞く】自然界の毒、人工の毒。 知らぬ間に蓄積する重金属と…
  3. 2018年風疹流行 30〜50代の働き盛りの男性はワクチン接種を…
  4. 医薬品の「第1類」「第2類」とかって、なに? ドラッグストアで薬…
  5. LDL数値が高いだけでは動脈硬化にならない? コレステロールと活…
  6. 食べるときの気持ちで吸収率が変わる? 感情と栄養素の密接な関係
  7. 男性にサウナが人気な理由は!? 医学的な健康効果と、おすすめのサ…
  8. 【医師に聞く】 健康診断と予防医学 リスクを取り除き、本当の意味…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP