腸内環境

ダイエットに役立つ「やせ菌」とは? 善玉菌は自分で育てよう


世の中にはダイエット食品があふれていますが、高いお金を出してそれらを買う前に、ご自身の腸内環境に注目してみませんか?
実は腸内には、ダイエットに役立つ「やせ菌」が存在します。そしてその菌は、自分で育てることが可能なのです!そこで今回は、腸内環境とダイエットの関係、そして菌の育て方についてお伝えしたいと思います。

腸内フローラは、ひとりひとり違う

私たちの腸には、300〜1000種類もといわれる微生物が存在し、さまざまな役割を果たしてくれています。そしてその微生物が動き回る様子は、まるでお花畑のように見えるため、「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3種類で構成されています。
日和見菌とは、腸内環境の状態によって、善玉菌にも悪玉菌にもなる、中間的な存在の菌です。
ところで、その3種の菌から構成されている腸内環境には、誰ひとり同じものはないと知っていますか?
親から受け継いだ菌、毎日食べている食材、生活環境やストレスのかかり具合…それらのさまざまな要素が関係しているため、腸内環境はとってもパーソナルな、唯一無二のものなのです!

だから、自分の力で「いい状態に育てあげる」こともできますが、乱れた生活をしていると一気に悪玉菌が優勢になり、やせにくくなったり体調不良を引き起こしてしまうのです。

ダイエットと腸内環境の関係は

では、ダイエットと腸内環境の関係はどのようなものなのでしょうか。

腸内にはたくさんの菌が住んでいることをお伝えしましたが、その中には、ダイエットをサポートしてくれる「やせ菌」と、それを阻害する「デブ菌」があることが分かっています。

やせ菌は、脂肪をためにくくして、脂肪燃焼の手助けをしてくれる「短鎖脂肪酸」をつくり出してくれます。
逆にデブ菌は、脂肪細胞に栄養を吸収させる働きをもつため、やせにくい身体をつくってしまうのです。

ということは、腸内でデブ菌よりもやせ菌を増やせば、ダイエットが効率よく進むということなのです!

日和見菌を味方につけよう

このやせ菌とデブ菌は、はじめはともに「日和見菌」に属しています。
つまり、腸内環境の状態によって、増えたり減ったりするのです。

やせ菌を増やしておこうと思ったら、善玉菌が優勢になるような食生活を送り、日和見菌たちをどんどん味方につけることが大切です。

善玉菌の数を増やそう

善玉菌を増やすには、そのエサとなる水溶性食物繊維、オリゴ糖をしっかり摂らなくてはなりません。
また、ぬか漬けや納豆などの発酵食品を積極的に食べることで、善玉菌の働きは良くなります。

しかし、いくら善玉菌を増やす食事をしても、悪玉菌の方が多いままではなかなか勝てません。
並行して、悪玉菌を増やさないための行動も必要です。

しかし「善玉菌を殺す!」というような物騒な薬はありません。
ストレスをためない、適度に運動をする、食品添加物の入ったものやジャンクフードばかり食べない…などの基本的な生活環境を整えることが必要です。

間違ったダイエットより、腸内環境に注目を

やせ菌が増えるということは、善玉菌が多くなるということ。
善玉菌の効果は、単に太りにくくなるだけではありません。

・過剰な食欲を抑えてくれるため、暴飲暴食しなくなる
・女性ホルモンの生成をサポートしてくれる
・便秘が解消され、ニキビや肌荒れも改善してくれる
・免疫力が上がり、風邪をひきにくい健康的な身体になる
・髪にハリが戻るなど、アンチエイジング効果がある

どうでしょう。
これらがいっぺんに手に入るなんて、最高ですよね。

腸内環境を整えるときに注意したいこと

やせ菌を増やそう!
善玉菌を育てよう!
と思った方に、一番お伝えしたいのは、「これだけやったら成功する」という単純な方法はない、ということです。

腸内環境を整えるときに必要なのは、なんといっても「バランス」。

しかし、ダイエットを考える方がやってしまいがちなのが、「ヨーグルトだけ食べる」とか「こんにゃくだけ食べる」などいう、「一発逆転方法」ですが、ローカロリーで腸にいいとされる食材を集中的に食べるだけでは、効果はありません。

菌を育てるためには、食生活の改善が第一。
まずは日常の食事で、発酵食品や食物繊維を多く含むものを積極的に食べることが大切です。

サプリメントも有効に使って、善玉菌を育てよう

腸内で善玉菌を増やすため、補助的にサプリメントなどを使うことも一般的になってきています。

そのときは、ただ単に「腸にいい」というサプリメントを飲むだけではもったいない!
より腸内を元気にするために、ちょっと知っておいてほしいポイントがあります。

それは、
「善玉菌を体外から入れる」
「善玉菌にエサを与えて増やす」
というふたつを、同時並行で行いましょう、ということです。

・腸でよい働きをしてくれる有用な菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を摂取する
・その善玉菌のエサとなるオリゴ糖・食物繊維を摂取する

このふたつを一気に行うと、善玉菌の活動が活発になり、やせ菌が増えやすい環境を整えることができます。

元気な腸内フローラは、自分で育てていく。
これができたら、やせ菌をはじめとする「腸内チーム」がどんどん働き、やせやすくなるだけではなく、全体的な美容と健康のサポートをしてくれることでしょう。

豆知識

この考え方には、実は名前がついています。

「有用な菌を摂取する」はプロバイオティクス
「腸内の善玉菌のエサを摂取する」はプレバイオティクス

そして、このふたつを並行して行うことを「シンバイオティクス」といい、効率よく腸内環境を整えられるため、注目を集めています。

まとめ

善玉菌を育てるとは、腸内の菌を大切にして、程よくエサを与え、敵となる悪玉菌を排除してあげるということでした。腸内環境は目には見えませんが、お肌や体形を通じて「今、いい状態ですよ」と伝えてくれます。善玉菌を増やすことは、やせるための近道でもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. リーキーガット(腸漏れ)を改善するために摂取したい成分とは?
  2. 【医師に聞く】 身体と会話し、変化していく「マイクロバイオーム」…
  3. 毎朝出ているだけでは安心できない つらい便秘の基礎知識と改善方法…
  4. なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!
  5. 「数日前のあの食材」が原因? 遅延型フードアレルギーのメカニズム…
  6. 【医師に聞く】 遺伝ではない!赤ちゃんの免疫と、腸内フローラ
  7. 知って食べると効果的 乳製品とビフィズス菌の違いとは?
  8. 食事制限なしに遅延型フードアレルギーを改善する方法

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP