基礎知識

【医師に聞く】東洋医学と西洋医学の「考え方の違い」とは


予防医学を語るうえで、東洋医学と西洋医学の関係性を無視することはできません。
しかし、治療方針の違いやかかわり方について、よく分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、東洋医学と西洋医学の違いと、どのような考え方がベースになっているのかを、医師に聞いてみました。

東洋医学と西洋医学の違いは「体質」か「症状」か

皆さんが病気になったとき、総合病院やクリニックで受ける投薬や手術は、ほとんどが西洋医学の治療でしょう。
症状が出てから検査をして、どのような病気にかかっているのかを調べ、それが風邪なら、咳やくしゃみが出ることに対して、その症状をおさえる薬が処方されます。

これが、病気を治すときの一般的な西洋医学の治療の流れだと思います。

体質に合わせた治療をする東洋医学

対する東洋医学では、まず体質を調べます。

東洋医学には「同病異治(どうびょういち)」という考え方があります。これは、人はそれぞれ違う体質を持っていて、病気の症状のあらわれかたも異なるため、同じ病気にかかっていても治し方は異なりますよ、という考え方です。

そして、各自の体質とかかりやすい病気の傾向を知るための区分として、「虚証(きょしょう)」の人と、「実証(じっしょう)」の人に分けて治療するのです。

同じ風邪の症状が出ていても、虚証と実証の人では、出す漢方薬の種類は変わります。
たとえば虚証の人に実証の薬を出してしまうと、体質に合わないため治りにくく、最悪、副作用が出てしまうこともあるのですね。

症状に合わせた治療をする西洋医学

一方で西洋医学では、体質ではなく症状にフォーカスした治療がされます。
どのような症状が出ているのか、熱は何℃あるのか、ウイルスに感染してはいないか…
そして、その症状に合わせた薬を出したり、盲腸やガンなら切ったりして対処します。

西洋医学では体質は診ないのか?と聞かれたら、「診ません」と答えるしかありません。これは、西洋医学の治療がすべての体質の人を治せる、ということではなく、そういう対症療法でしか症状をおさえ込めないからです。

つまり、東洋医学と西洋医学の違いを簡単にいいあらわすと、
「体質を診る東洋医学」
「症状を診る西洋医学」
ということになるでしょう。

東洋医学・漢方の特徴をもっと知る

もちろん東洋医学で出される漢方にも、症状をおさえるための薬はあります。
しかし、それ以前に体質の不足箇所を補うような治療をすることで、自然に症状を和らげることを重視します。

東洋医学の、「症状だけではなく、根本のバランスの崩れを整える」という方法は、このサイトで推奨している予防医学ととても似ていますね。

身体の土台がぐらついているなら、整えていくことが大切なのです。
病気や不調は、その土台の上に積み重なっているものですから。

しかし西洋医学は、土台の上に積み重なった積木の状態だけを診て、治療しているともいえます。
その積木の不調が単なる風邪なら、薬で治るでしょう。しかし土台のぐらつきを放置してしまうと、積木がどんどん崩れはじめてしまいますよね。

東洋医学・西洋医学の、どちらかを過信してしまっては治るものも治りません。
何ごともバランスを取り、メリットをきちんと受け取れるようにすることが大切です。

東西で異なる見立ての方法

東洋医学で、その人の体質や病気を見立てるときに重要視されるのは、舌診や脈診。
これは西洋医学より広い幅で行われます。

たとえば、西洋医学の脈診では脈の速さしか取りません。
しかし東洋医学では、脈の速さだけではなく、リズムや強さなどまでが診断の対象となります。

西洋医学での一番の判断基準は、血液検査などの科学的検査です。あくまで科学的なデータに基づいた、数値や状態から、その人の症状の程度や病名を見立てていくのです。

東洋医学でも西洋医学でも、重要なのは問診です。
いくら西洋医学でも、検査データには出てこないことは山ほどあるからです。

体質に合った漢方薬を出せるのが、名医

漢方は体質を変えるための薬なので、すぐには効果が出ないというイメージを持たれがちです。
しかし、その漢方が体質にピタッとはまれば、そんなことはありません。

その「ピタッ」と合った漢方薬が出されることで、1〜2週間以内に効果を実感する患者さんはたくさんいます。逆に、何カ月たっても改善の実感が持てないケースでは、証立て、つまりその人の体質に合ったものを出せていない・ずれているという可能性が高いですね。

その人にとって「ピタッ」と当てはまる薬を出せるのが、名漢方医ということになるでしょう。

東洋医学・西洋医学とうまく付き合おう

今、特に病気ではない元気な人が、予防医学として漢方や東洋医学を取り入れることは、とてもいいことです。

病気ではないといっても、冷え性、便秘、湿疹…など、小さな不快症状はあるでしょう。それは確かに命にはかかわりません。しかし、いずれ大きな病気に発展する可能性はありますし、身体からのSOS かも知れません。

西洋医学の「予防」は、リスク因子の管理

予防医学とは、大きな病気になる前に身体のバランスを整えましょう、という考え方です。

むしろ、予防的な意味で処方薬を飲むことはありませんよね。
血圧が高くないのに血圧を下げる薬を飲むというのは、ナンセンスです。

ただし、血圧が高くなるにはなるだけの体質であるだろうから、それを病になる前に整えておきましょうという予防医学の考え方には、西洋医学よりも東洋医学の方がマッチします。

西洋医学で「病気を予防しましょう」という施策は、基本的にはなく、あくまで症状が出てからの対応が中心だからです。

もちろん西洋医学にも、食事に気を付けましょう、太らないようにしましょうなどという、生活習慣を正す意味での予防意識はあります。かかりつけの医師に、そういわれている人も多いでしょう。

しかしそれは、「血圧が高くなったら困るから、塩分を控えておきましょう」というレベルの話です。

「動脈硬化になったらこんなに大変ですよ、だから、血液をサラサラにしておくために、生活の中のリスクファクター(リスク因子)の管理をしておきましょうね」というのが、西洋医学における「予防」なのです。

「睡眠不足でストレスが溜まったら、うつになりやすいから気を付けましょう」
というのも、リスク因子の管理の範囲ですね。

もちろん、病気にならないように、病気になるリスクファクターを管理することはとても重要です。

東洋医学的な意味での「病気にならないように身体のバランスを整える」ということは、もう少し広い意味で使われているといってよいでしょう。
逆に東洋医学には、西洋医学でいう「リスク管理」という視点は乏しいかもしれません。

東洋医学、西洋医学に関わらず、それぞれのよい点を取り入れることが大切だと思います。

東洋医学・西洋医学の両方にメリットはある

一般的な西洋医学での「予防医学」のニュアンスは、早期発見、早期治療。

一次予防、二次予防という言葉があります。

【一次予防】
健康教育や予防接種、また生活習慣の改善など、病気にならないようにする処置や指導のこと
【二次予防】
早期発見、早期治療を促し、病気が重くならないように行われる処置や指導のこと

二次予防が西洋医学の得意分野だとすると、その前の一次予防には東洋医学の考え方が使えます。
これからの予防医学には、どちらかだけを過信するのではなく、両方と上手に付き合っていくことが一層求められていくでしょう。

まとめ

「病院とは、病気になってから行くもの」と思い込んでいる方も多いですね。しかし、未来の健康のために何か予防がしたいな…と感じたら、西洋医学でいう「リスク管理」に加えて、東洋医学や漢方への扉をたたいてみることもおすすめです。
どにかく、偏った考えではなく、両方の考え方のよいところを取り入れることが大切なのです。

監修医師/小西康弘(医療法人全人会理事長)

2013年に小西統合医療内科を開院。2018年9月より医療法人全人会を設立。分子栄養学や機能性医学の最先端の知識に基づき、私たちの体が本来持っている「自己治癒力」を高める医療を提供。
豊富な臨床経験に基づいた有益な情報を発信中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【医師に聞く】 延びる日本人の平均寿命 抗生物質や環境汚染と向き…
  2. 老化の敵・活性酸素を「抗酸化力」で防ぐ方法
  3. トクホってどうなの? 選ぶ前に知りたい、栄養食品の4つの分類
  4. 原因不明の体調不良は遅延型フードアレルギーが原因?
  5. 【医師に聞く】 身体と会話し、変化していく「マイクロバイオーム」…
  6. 【医師に聞く】カタラーゼ活性と、「副作用のない抗がん剤」高濃度ビ…
  7. 日本人の平均寿命が延びた5つの理由と、健康寿命とバランスを取るこ…
  8. 男性にサウナが人気な理由は!? 医学的な健康効果と、おすすめのサ…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP