食事

食べるコラーゲンにも「案外意味がある」 身体へのシグナルを鳴らす役割とは?


女性にとって永遠に尽きない悩み…それは「お肌をもっとキレイにしたい」ということ。
そんな中、お肌をもっとプルプルにしたいと考える女性から支持を受けているのは、コラーゲンです。

しかし「コラーゲンは効果がない」「食べても吸収されない」という説があるのも事実。
では、コラーゲンは本当に食べても意味がないのでしょうか。
実際のところはどうなの!?と調べていくと、コラーゲンの不思議な役割について知ることができました。

コラーゲンは自分の体内でつくるもの

まず、コラーゲンがたっぷり入った食材やサプリメントを摂ったからといって、翌日から「お肌プルプル」になるということはあり得ません。もし感じたことがあるなら、それこそ残念ながら「気のせい」かも知れません。

一番先に知って欲しいのは、コラーゲンは自分の体内でつくり出せるタンパク質だということ。

少し難しい話になりますが、コラーゲンをつくるのに必要なアミノ酸に、グリシンがあります。またプロリンとリジンというアミノ酸も必要です。そこにビタミンCの力が加わることで、コラーゲンは人間の身体の中で生成することが可能なのです。

手っ取り早くいえば、「アミノ酸が入ったお肉と、ビタミンCをしっかり摂っていれば、コラーゲンを外から補う必要はない」ということになるのです。

とはいえ
それができていれば苦労はない…
潤いのないお肌をもっと美しくしたい…
という女性が多いのも事実。

では、コラーゲンを外から補うことに、本当に意味はないのでしょうか。

食材が身体へシグナルを発信!

その答えは、
「意味がないとは、決していい切れない」のですが…

実は1回コラーゲンに使われたアミノ酸は壊れてしまうため、もう一度コラーゲンとして生成されることはありません。

「コラーゲンがたっぷり!」と期待して食べるアンコウ鍋も、それは壊れているアミノ酸をせっせと食べていることと同じ。

これこそが、「コラーゲンを食べても意味がない」といわれるゆえんです。

コラーゲンが果たす、シグナルの役目

しかし体内に入ったコラーゲンは、ちょっと面白い働きをしてくれます。

それは、壊れてしまったリジンやプロリンなどの「切れっぱし」が血中を流れることによって、身体に「おや?体内のコラーゲンがダメージを受けたのかな?」と気付かせるシグナルの役目を果たすということ。

つまり、外からコラーゲンで刺激をしてあげることによって、自分の体内でコラーゲンをつくる装置を再起動させることができるのですね。

だから、食材として食べるコラーゲンが完全に無駄かというと、そうはいい切れないのです。

ただし、いくらコラーゲン製造装置が再稼働しても、原料となるアミノ酸とビタミンCが不足していては意味がありません。

まずは日常の食事の中で、肉や魚、またビタミンCをしっかりと摂っておくことが、基本中の基本となることは覚えておきましょう。

コラーゲンで手に入れたい美肌・美髪・美爪

コラーゲンが体内でつくられることによって、お肌だけではなく、身体のさまざまな場所の「美化」が期待できます。

コラーゲンは全身を支えるタンパク質ですから、骨や筋肉にもいい影響を与えてくれるのです。

また、髪や爪もタンパク質でできています。過度なダイエットをしていると、髪がやせ細ったり、爪にシワが寄ってしまう…という現象が起きますが、これは身体に必要なタンパク質が足りていないから。

全身のトータルビューティーのためにも、タンパク質をきちんと食べることを心がけてみましょう。

外から補うなら、この食材!

コラーゲン装置をしっかり稼働させたい!
そう思う方には以下の食材がおすすめです。

【コラーゲンが多く含まれる動物性食品】
・手羽先、鶏の皮
・豚足、豚バラ肉
・牛スジ、牛テール

【コラーゲンが多く含まれる海洋性食品】
・魚の皮、うなぎ、ナマコ
・カレイ、エビ、クラゲ
・ふかひれ、エイひれ、すっぽん

どうでしょう。
鍋物や豚骨ラーメンの具材、また居酒屋メニューの定番食材が並んでいますね。

どれもコラーゲンを外から補うために人気の食材ですが、見ての通り、コラーゲンを多く含む食品には高カロリーのモノが多いようです。

食べるときには、旬の野菜などをうまく組み合わせてください。
また味付けで塩分が多くなりやすいため、栄養のバランスには気を付けるようにしてください。

また外食先や栄養食品でコラーゲンを摂るときも、不要な添加物や合成の調味料がなるべく入っていないものを選びたいですね。

まとめ

コラーゲンを補いたいとき、サプリメントなどに頼り切ってしまうことはおすすめできません。まずは自分の身体でつくれる環境をととのえてあげることが大切です。
そして、コラーゲンの原料となる食材をしっかり食べて、いつまでもプルプル・つやつやのお肌をキープできるようにしたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. オメガ3・6・9の健康効果 いい油は身体を強くし、デトックス機能…
  2. 危険性はどれくらい?市販の栄養ドリンクを飲むときに知っておきたい…
  3. 髪と爪は健康のバロメーター タンパク質でダメージ修復を
  4. 美容に効く成分はあるの? 楊貴妃が愛した食材と、現代女性ができる…
  5. スムージー 美容のためのスムージー、 たくさんあった「朝に飲まない方がいい理…
  6. 遺伝子組み換え(GM)食品って何? 国によって違う基準、そして健…
  7. 善玉菌を増やす!発酵食品「ぬか漬け」を冷蔵庫でつくろう
  8. 【医師に聞く】 延びる日本人の平均寿命 抗生物質や環境汚染と向き…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP