食事

美容のためのスムージー、 たくさんあった「朝に飲まない方がいい理由」

スムージー

野菜と果物だけでつくる、フレッシュなスムージー。
これを朝に飲むだけで、今日も一日元気いっぱい!と、ポジティブなイメージを持てそうですよね。
しかしスムージーには、手軽に飲める美容ドリンクとしてのメリットの裏に、知っておくべきデメリットが隠されています。
もしあなたが、毎朝スムージーを飲んでいるのなら、要注意。
今回はその理由を知って、飲み方を工夫してみましょう。

スムージーとは

そもそもスムージーとは、凍らせた野菜や果物をミキサーで砕いてつくった、シャーベット状の飲み物です。
しかし最近では、凍らせないままの材料を使用し、1年中楽しむことが主流となっており、美容や健康に敏感な方たちに広く親しまれるようになっています。

スムージーのメリット

スムージーには、たくさんのメリットがあります。

  • 野菜や果物を丸ごと摂れる
  • 食物繊維も摂れる
  • 食物酵素も摂れる

どうでしょう。野菜不足の現代人にとっては、嬉しいメリットばかりですね。

スムージーを毎日飲んでいる方からは、

・便秘の解消に役に立った、デトックスできた気がした
・お肌の悩みが減った、新陳代謝が活発になった

などの声も聞かれます。
だからこそ、忙しいけれども美容に気を使いたいという女性を中心に、定番ドリンクとして定着したのでしょう。

朝飲むスムージーには注意が必要!

それでは、ここからはスムージーのデメリットについて見ていきましょう。
決して、ネガティブな情報をお伝えしたいわけではないのですが、デメリットを知らずに飲み続けてしまうと、せっかくの効果が半減…どころか、逆効果になってしまう可能性もあるからです。

見た目のフレッシュさ、ライトさからか、「スムージーを飲むのは朝がいい」というイメージを持たれがちですが、
実は朝に飲むことはおすすめできません。

その理由は、
「噛まないこと」の弊害と、
「血糖値問題」のふたつです。

噛まない朝ごはんは、老化を進める?

まず「噛まないこと」についてですが、私たちの身体は、朝起きて何かを噛むことで、アンチエイジングホルモンの一種である「パロチン」を分泌するようになっています。

パロチンは若返りホルモンともいわれおり、唾液と一緒に分泌される、100%人間由来の天然成分。皮膚や髪の新陳代謝を活発にして、肌の細胞のターンオーバーを促進してくれます。

このパロチンを、朝のうちに出しておくことは、美容にとって大切なこと。
しかしスムージーを飲むだけでは、唾液の分泌を促すことはできません。

スムージーの一気飲みは、血糖値を急上昇させる

ふたつめは「血糖値問題」です。

どろどろになった甘い液体を一気に飲むと、血糖値が急上昇してしまうため、朝スムージーには注意が必要なのです。

「スムージーには砂糖は入れていません」といっても、飲みやすくするために、バナナやリンゴなどの甘いフルーツを入れてはいませんか?それらに入っている果糖も、立派な糖分です。

血糖値が急上昇すると、肥満を招くインスリンが大量に分泌されます。
また、上がった血糖値が急降下すると、空腹を感じやすくなるため、ついつい間食をしてしまったり、ダイエットがうまくいかなかったり…と、悪いことづくめなのです。

寝起きに冷たい飲み物はNG

スムージーを飲む女性

スムージーは、身体を冷やしてしまいます。
年齢とともに代謝が落ちるのは仕方ないことですが、寝起きの冷たい飲み物は、それに拍車をかけることにつながります。

起きたばっかりの時間帯に「身体がうまく動かない」というのは、内臓の温度がまだ上がりきっていないから。
身体をスムーズに起こすためには、冷たいものではなく、内臓の温度を上げるための温かい飲み物がベストなのです。

スムージーの上手な飲み方

朝のスムージーが、美容にはあまりよくないことはお分かりいただけたでしょうか。
それでは、デメリットを少しでも減らすための方法をいくつかお伝えしましょう。

スムージーを主食にしない

まず、スムージーはあくまで「ドリンク」の位置づけとして、固形物もしっかり食べるという手があります。
「パン、チーズ、ゆで卵と紅茶、そしてスムージー」という構成なら、噛んで食べることで唾液もしっかり分泌できますし、ゆっくり飲むことで血糖値の上昇もおさえることができます。

温かいドリンクとして飲む

野菜や果物だけでできているスムージーは、温めてもおいしいのが特徴。
仕上げにオリーブオイルを垂らして、黒コショウを加えると、野菜スープとして飲むことができます。
寒い朝だけではなく、寝起きの内臓のためにも、ぜひ使って欲しいテクニックです。

その野菜と果物、そのまま食べてみて!

最後に、そもそものお話ですが…
わざわざ、野菜と果物の皮をむいたり、凍らせたりせずに、ぜひとも「そのまま食べましょう」!

その一手間を加えなくても、旬の野菜や果物は、しっかりとあなたの美容に役に立ってくれます。
そして、ミキサーを洗う手間も省けます。

スムージーは、忙しい朝ではなく、休日のおやつ代わりにたまに飲む…くらいにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

夏場の朝に飲むスムージーは、冷たくておいしいもの。しかし、美容のためには逆効果ということが分かりました。しかし、スムージー自体がいけない!ということではありません。メリットとデメリットを知って、飲み方を工夫することで、より一層美容と健康に役立てることができるでしょう。
せっかくのおいしい野菜と果物は、自分の身体に一番いい方法で取り入れたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【医師に聞く】 添加物と化学物質から見る生活の安全と、共存方法
  2. 美容に効く成分はあるの? 楊貴妃が愛した食材と、現代女性ができる…
  3. サプリメントの安全性は? 買うときにチェックしたい、GPM認定工…
  4. お味噌汁は煮立てちゃダメ?乳酸菌の生死は? 発酵食品の上手な摂り…
  5. 体内とお肌のうるおいの基礎はタンパク質! アンチエイジングは毎日…
  6. 【専門家に聞く】 20代女子の栄養状態が心配!飲むならマルチビタ…
  7. 危険性はどれくらい?市販の栄養ドリンクを飲むときに知っておきたい…
  8. 「鍋の素」と添加物の関係 冬の健康は添加物カット鍋で守ろう

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP