その他

医薬品の「第1類」「第2類」とかって、なに? ドラッグストアで薬のリスクを見極めるポイントとは

ドラッグストア
駅ナカや繁華街にあるドラッグストア。
気軽に薬やサプリメントが買えるので、とても便利ですね。
しかし、ドラッグストアに置いてある薬品には、たくさんの分類があることをご存知ですか?
今回は、ドラッグストアをもっと活用するために知っておきたい「薬の分類」について、分かりやすく解説します。

薬の大分類、「医療用医薬品」と「OTC医薬品」

一番初めに知っておきたいのは、「病院で処方される薬」と、「自分で選んで買える薬」の分類です。

【医療用医薬品】・・・自分で選べない。病院で診察を受け、医師の処方箋が必要
【OTC医薬品】・・・自分で選べる

OTC医薬品という単語は、はじめて聞いた方もいらっしゃるかと思いますが、薬局やドラッグストアで自分で購入できる薬のことです。

OTCとは、「Over The Counter」の略語で、対面販売で購入することを意味しています。
「市販薬」などの言葉であらわされることもありますが、近ごろでは国際的表現である「OTC医薬品」という呼び方が広まってきました。

OTC医薬品の分類

自分で買えるOTC医薬品は、さらに細かく分類されています。

【要指導医薬品】・・・対面で、書面での情報提供が義務付けられている。ネットでは買えない。
【一般用医薬品】・・・第1類、第2類、第3類に分類される。

ここで、ようやく「第〇類」という分類が出てきました。

OTC医薬品の分類は、その薬の成分を、使用方法の難しさや副作用の可能性などで評価して分類しています。

まず、「要指導医薬品」は、病院で処方される医療用医薬品と同じ成分を含んでおり、OTC医薬品の中でも一番慎重に扱われる薬です。

医師の処方箋は必要ありませんが、薬剤師が使用者の状況を聞いたうえで、注意事項を対面で書面を使い、きちんと説明してから販売する義務があります。そのため、勝手に購入できないよう、手の届かない場所やレジカウンターの後ろなどに陳列されています。

では、その次の「第1類、第2類、第3類」について詳しく見ていきましょう。

一般用医薬品の3つの分類

【第1類医薬品】
一般用医薬品の中で、最も扱いが慎重なものです。
要指導医薬品との違いは、ネットや通信販売で購入できるということ。ただし、対面ではなくても、薬剤師が副作用のことなどを書面で説明する義務は変わりません。

販売から一定期間を過ぎて、問題のなかった要指導医薬品が、第1類医薬品に扱い変更されてくることが多いため、要指導医薬品ではないからといってリスクがないわけではありません。

【第2類医薬品】
副作用が中程度で、専門家(薬剤師・登録販売者)からの説明が、努力義務となっているものです。
第2類には、風邪薬・解熱剤や鎮痛剤、抗アレルギー薬などが多く含まれるため、「気を付けながらも、生活の中で飲む機会が多い医薬品」というイメージですね。

また、薬を飲む人の背景や、他の薬との飲み合わせで注意が必要なものは、「指定第2類医薬品」とされています。たとえば妊婦さんや、子どもは控えた方がいい成分が入っている…などです。

【第3類医薬品】
副作用のリスクが低く、作用がおだやかな医薬品は、第3類に含まれます。ビタミン剤や目薬など、棚から自分で手に取って、説明を聞かずに購入できる種類のものです。
専門家(薬剤師・登録販売者)からの説明については、法律上定められていません。

効果があれば、副作用もある

薬剤師の診断

ドラッグストアで買える薬は、そのリスク順に

要指導医薬品 ≧ 第1類医薬品 > 指定第2類医薬品 ≧ 第2類医薬品 > 第3類医薬品

という並びになっていることが分かりました。

「ドラッグストアで薬を買うとき、レジの人以外と対面なんてしていないけど?」と思った方は、第2・3類医薬品しか購入した経験がないということですね。

また、
「いつもの風邪薬が欲しいだけなのに、いつも説明を聞かされる!」という方は、その薬には実はそれなりのリスクがあることも知っておいてください。

何かの薬やサプリメントを購入するとき、誰しも「効果がある方がいい」と思いますが、効果と副作用は比例するものです。購入に制限があるということは、その分のリスクが公的に認められているということなのです。

ビタミンC購入の裏技?

リスクのある医薬薬を、カンタンに購入する裏技などはありませんが、逆に「簡易的に買えるサプリメントなどで、少し精度の高いものを買うためのテクニック」ならあります。

たとえば、棚から自由に手に取れるサプリメントに「ビタミンC」がありますね。

コンビニにも並んでいるため、何気なく購入しているかと思いますが、誰でも気軽に購入できるということは、リスクをなくすために作用をおだやかにしている…ということ。また、価格を抑えたり、飲みやすくするため、さまざまな添加物が使われているケースもあります。

もちろん、効果がない…とはいい切れませんが、もし「純度の高いビタミン剤が欲しい」と思ったら、自分で棚から選ぶのではなく、薬局で薬剤師さんに声をかけてみてください。そして、第2・3類に分類される医薬品グレードのビタミンCを出してもらいましょう。

第2・3類のものであれば、薬剤師さんがいれば、処方箋がなくても購入できます。

コンビニで買えるビタミンドリンクより、パッケージも簡素で、飲みにくいかも知れません。しかし、ビタミンCに大きな副作用はありませんから、医薬品グレードのものであればあるほど添加物などが入らず、身体への負担も減るため、いいことづくめなのです。

カンタンに買える=便利だけど作用がおだやか
購入に制限がある=効き目は強いが、副作用リスクも高い

という裏事情を知っておくと、そのときの状況に合わせた薬を、自分で賢く選択できるようになるでしょう。

まとめ

これで、ドラッグストアに薬剤師さんがいる理由が分かりましたね。
「今すぐ欲しい」と思っても、薬剤師さんが不在で買えない…という経験をした方もいると思いますが、薬はそれだけ慎重に扱わなくてはならないものなのです。
逆に、サプリメントに関しては、医薬品グレードに近づくほど、成分をうまく摂取できます。それを知って、ドラッグストアを上手に活用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腫瘍マーカーでガンは見つかる? 検査を受けるメリット・デメリット…
  2. 2019年はスギ花粉が増える! 腸を整えて免疫細胞のエラーをなく…
  3. 【医師に聞く】感染症とワクチンの関係 
  4. 日本人の平均寿命が延びた5つの理由と、健康寿命とバランスを取るこ…
  5. うつ病に気付けないのはなぜ? 前兆を放置せず、「助けて」といえる…
  6. サプリメントの安全性は? 買うときにチェックしたい、GPM認定工…
  7. 食べるときの気持ちで吸収率が変わる? 感情と栄養素の密接な関係
  8. リスクファクターを取り除く! 健康診断の必要性と注意点

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP