抗酸化・酸素

男性も必要!? アンチエイジングで「細胞の老化」を食い止める

食事する男性
アンチエイジングというと、「女性が美を追求するためのもの」と思われがちですが、男性にだって必要です。
それは、アンチエイジング効果は、健康効果に直結しているからです。
また、男性だって老化はイヤですよね?中年になったって、ツヤとハリのある健康的な生き方ができるのは、素晴らしいことです。
今回は、男女問わず取り組んでおきたい「アンチエイジング」について、細胞のお話から始めてみます。

老化は細胞の酸化!

老化の原因は、ズバリ「細胞の酸化」です。

酸化して衰えてしまった細胞が正常に動かなくなると、機能が低下するのと同時に、見た目にも影響を及ぼします。

細胞の衰えの原因には、酸化以外にも、糖化、紫外線、栄養不足などがありますが、アンチエイジングの観点からみると、やはり酸化が一番の敵になります。

細胞の酸化は「身体のサビ」ともいわれ、シミやしわなどの肌の衰え、毛髪・歯の老化などを引き起こします。

鏡を見て「老いてきたな」と感じて、嬉しい人はいませんよね。
そのため、老化を防ぐには、細胞がサビていくのを食い止めなくてはならないのです。

酸化は病気の原因にもなる

細胞の酸化は、老化だけではなく病気を引き起こす原因にもなっています。

「健康美」という言葉がありますが、どんなにシミがなく、髪の毛の手入れがされていても、内側からの健康さがにじみ出ていないと、その美には「怖さ」を感じてしまいますよね。

つまり、アンチエイジングで大切なのは、見た目を整えるだけではなく、「体内の健康美」を保ち、見た目のフレッシュさもキープしましょうということなのです。

男性も同様です。体内が健康であれば、自然と、外見にもツヤっぽさが出てきます。そして、健康という状態は、食事や遊びを楽しむ体力や、気力の充実にもつながります。

細胞のサビは、活性酸素が犯人

男性

細胞を酸化させている犯人がいます。
それは「活性酸素」

活性酸素とは「電子を失って不安定な形になった酸素分子」のことです。活性酸素は、体外から入ってきた病原菌をやっつけてくれるなどの、プラスの働きも持っていますが、電子バランスを崩すことで、細胞を酸化させるという「マイナス面」を強くしてしまうのです。

そして体内では、その活性酸素を防ぐため、「抗酸化物質」ががんばって働いています。抗酸化物質は、活性酸素に積極的に電子を提供し、活性酸素が増えるのを防いでくれているのです。

アンチエイジングのためには、抗酸化物質の働きを助け、細胞の酸化を少しでも食い止めることが大切です。

まずは食生活から改善しよう

活性酸素の「電子の欠乏状態」を防ぐには、体外からの補給も必要です。
つまり、電子をたっぷり含んだ食材を食べて、活性酸素を増やさないようにしなくてはなりません。

電子をたくさん含んでいる食べ物とは、抗酸化力が高い食べ物を指します。
トマト、パプリカ、ニンジンやブロッコリーなどの色の濃い野菜や、カテキンが含まれた緑茶などがよく知られています。

特に、野菜や果物に含まれる色素や辛み、香り成分は抗酸化力が高く、活性酸素を増やさないだけではなく、身体の免疫力も高めてくれます。

男性ホルモンの働きにも注目

男性のアンチエイジングならではのキーワードとして、男性ホルモン「テストステロン」の働きにも注目しましょう。テストステロンは、血圧調整作用を持ち、また判断力などの認知機能を保つことから、心身の健康に大きな役割を果たすとされています。

しかし、テストステロンは加齢によって減少してしまいます。

その減少を食い止めるため一番有効なのは、ストレス対策。
テストステロンは、副交感神経が優位なときにたくさん分泌されます。つまり、リラックスをしているときが分泌チャンスなのです。

本来、イキイキとしているはずの30代〜50代で、急に老化が進んだ…という方は、ストレスフルな毎日をを送っていないか、セルフチェックをしてみましょう。
心身を休める時間を取ることも、立派なアンチエイジングです。

まとめ

アンチエイジングというと、高い美容液を塗ったり、エステに通うことだと思っているかも知れませんが、「健康で美しくいられる」はあくまで結果。細胞レベルから健康を意識すると、「気が付いたら、シミやしわのない肌だった」という結果を受け取ることができるのです。

アンチエイジングに男女差はありません。むしろ美容にエネルギーをかけていない男性の方が、少し取り組んだだけで、あっという間に「健康的なツヤのある外見」を手に入れられるかも知れませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 現代人の必須酵素! 解毒・抗酸化のカギは「グルタチオン」
  2. 老化の敵・活性酸素を「抗酸化力」で防ぐ方法
  3. 体内とお肌のうるおいの基礎はタンパク質! アンチエイジングは毎日…
  4. 【医師に聞く】病気はすべて「身体の炎症」。 放火犯・活性酸素をや…
  5. 身体の老化を防ぐ「抗酸化力」とは
  6. インフルエンザにかかりにくい身体をつくる 免疫力アップのコツ

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP