食事・栄養

体内とお肌のうるおいの基礎はタンパク質! アンチエイジングは毎日の食事から

食事
あなたはアンチエイジングのために、なにを食べていますか?
フルーツ、野菜、それとも話題のスーパーフードでしょうか。
しかし実は、うるおいのあるお肌のために最も必要な栄養素は、「タンパク質」です。
今回は、アンチエイジングのためのインナーケアに欠かせない必須栄養素、タンパク質について解説していきます。

肌荒れは、ビタミンだけでは治らない

まず、アンチエイジングで一番手に入れたいのは、「お肌のうるおい」ではないでしょうか。
そのとき、ビタミンCばかりを摂っていても、体内でうまく活用することはできません。

美容液で肌の上から補うだけではなく、体内からにじみ出るような「本当のうるおい」を手に入れるには、細胞の土台となってくれるタンパク質をしっかり食べることが大切です。

タンパク質が必要な理由

お肌のターンオーバーは約28日といわれています。この新陳代謝がうまくいかないと、古くなった角質の入れ替わりがスムーズにいかず、お肌は乾いてくすんだままになってしまいます。

また「人の身体の約60%は水分」とはよく聞きますが、15〜20%がタンパク質でできていることは、あまり知られていません。

タンパク質は、臓器や筋肉の原料です。つまり身体を動かしている場所は、タンパク質がないと成り立たないのです。
そしてもちろんタンパク質は髪の毛、爪、肌の原料でもありますから、質の良いタンパク質を食べることは、単にエネルギー源としてだけではなく、美しさを保つためにも必要不可欠なのです。

タンパク質の上手な摂り方

タンパク質には、動物性と植物性があります。

動物性タンパク質とは、肉や魚、また卵と乳製品。
植物性では、大豆製品が知られています。

肉や魚を食べなくても、豆腐や納豆でタンパク質は補えている!という方もいらっしゃいますが、植物性タンパク質だけでは、筋タンパク質の合成反応が弱いということが分かっています。
できるだけ、動物性と植物性をバランスよく組み合わせて食べるようにしましょう。

タンパク質源に含まれる栄養素

当選のことですが、タンパク質源となる食材には、お肌のうるおいのための成分や栄養素もたくさん含まれています。
たとえば手羽先や豚足など、骨の近くのお肉にはコラーゲン
チーズなどの乳製品からは、ビタミンAやビタミンB2を摂ることができます。

また、タンパク質を含む食材には、アミノ酸も含まれています。

よくいわれる「良質なタンパク質」とは、アミノ酸、それも、体内ではつくることのできない必須アミノ酸をバランスよく含むものを指しているのです。

「アミノ酸スコア」をご存知ですか?
これは、その食材に含まれるタンパク質の中で、必須アミノ酸9種類が含まれる割合を示す数値のこと。

【アミノ酸スコア】
大豆・・・100
卵…100
牛乳…100
牛肉・・・100
鶏肉・・・100
豚肉・・・100

どうでしょう。「タンパク質が豊富」とイメージできる食材の、アミノ酸スコアは、なんと100点満点!

野菜だけ食べていては、必須アミノ酸が不足気味になってしまいます。身体のためにも、バランスよくタンパク質を摂ることは、とても大切なのです。

コラーゲンを自分の体内でつくろう

女性

タンパク質源に必須アミノ酸が入っていることは分かったけど、それがお肌に関係あるの?と思ったかも知れませんが…実は、めちゃめちゃ関係があるんです。

お肌のうるおいに効果があるものとして、コラーゲンが知られています。
美容のために、サプリメントやドリンクでコラーゲンを摂っている…という女性も、たくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、まず知って欲しいのは、「コラーゲンは自分の体内でつくり出せるタンパク質」だということです。

コラーゲンをつくるのに必要なアミノ酸に、グリシンがあります。また、プロリンとリジンというアミノ酸も必要です。しかしアミノ酸だけでは、コラーゲンは完成しません。

そのアミノ酸に、ビタミンCの力が加わってはじめて、コラーゲンを人間の身体の中で生成できるようになるのです。

つまり、手っ取り早くいえば、「アミノ酸が入ったお肉と、ビタミンCをしっかり摂っていれば、コラーゲンを外から補う必要はない」ということ。

「美容のため、お肉は避けてビタミンCばかり気にしていた…」という方は、両方が揃わないと、身体の中でうるおい生成機能がうまく働かないと覚えておきましょう。

さらに、ビタミンCを摂るためには野菜・果物が手っ取り早いですから、バランスのよい食生活がうるおいのある美しい肌をつくるのは、本当のようですね!

タンパク質を避けていた方も、この機会に食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

美容のことを考えて、カロリーカットをすることも、無駄ではありません。しかし食事の中からタンパク質を削ってしまっては、美しくなるための材料が体内に揃わないということに…。
お肌のうるおいは、体内から。アンチエイジングを考えるのなら、お肉・魚もバランスよく食べるようにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. お味噌汁は煮立てちゃダメ?乳酸菌の生死は? 発酵食品の上手な摂り…
  2. 【医師に聞く】病気はすべて「身体の炎症」。 放火犯・活性酸素をや…
  3. 最近話題のスーパーフードとは?効果ってあるの?  
  4. 【医師に聞く】 延びる日本人の平均寿命 抗生物質や環境汚染と向き…
  5. 【医師に聞く】 添加物と化学物質から見る生活の安全と、共存方法
  6. LDL数値が高いだけでは動脈硬化にならない? コレステロールと活…
  7. 遺伝子組み換え(GM)食品って何? 国によって違う基準、そして健…
  8. 善玉菌を増やす!発酵食品「ぬか漬け」を冷蔵庫でつくろう

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP