基礎知識

LDL数値が高いだけでは動脈硬化にならない? コレステロールと活性酸素との関係とは

コレステロール

健康診断でLDL(悪玉)コレステロールの数値が高いと、「動脈硬化になってしまうかも」と不安にはなりますよね。

とかく悪者に思われがちなコレステロールですが、最近ではその摂取基準が見直されるなど、以前の常識でははかりにくくなってきています。
そして最近では、LDLコレステロールの数値が高いこと自体は、動脈硬化に直接結びつかないということが分かってきています。
それはいったいどういうことでしょうか?今回は、LDLコレステロールを酸化させる活性酸素について、詳しく解説をしてみます。

コレステロールは身体にとって必要不可欠

コレステロールは、自分の身体の中で合成できる脂質です。
ということは、そもそも私たちの身体にとって、必要不可欠な物質なのです。

コレステロールはリン脂質とともに、身体の細胞膜の原材料になります。

全身の細胞が常に入れ替わっていることは、学校で習ったかと思います。つまり、コレステロールが不足してくると、細胞膜が弱くなるのと同時に、新しい細胞をつくるための十分な材料も不足してしまう…ということになるのです。

細胞膜が油でできているおかげで、水溶性物質が細胞を出入りできないようになっています。ふたつの世界を分け、細胞ごとの役割を成立させるためにも、細胞膜がしっかりしていないといけません。また細胞膜が弱くなると、脳卒中のリスクが高くなるともいわれています。

以前は「とにかく下げろ」といわれていたコレステロールですが、不足のリスクも分かってきたため、2015年には、厚生労働省が日本人の食事摂取基準からコレステロールの上限値を撤廃しました。

コレステロールとは

コレステロールには、悪玉(LDL)と、善玉(HDL)があります。

健康診断で、LDLコレステロールの数値が高い・低いと一喜一憂する人がいますが、悪玉か善玉かは、単に脂質の働きの違い。
そのためLDLコレステロールが高いからといって、すぐに健康被害がでるわけではありません。

悪玉・善玉は、役割の違い

脂質であるコレステロールは、液体ではないため、血液の中を自由に動き回ることができません。そのため、水と親和性の高い「リポタンパク」と結合して、血中を流れていきます。

LDLや、HDLとは、コレステロールと結合するリポタンパクの名称です。

LDLはコレステロールを運ぶ途中に血管の壁に蓄積されやすく、逆にHDLは血管の壁からコレステロールを引きはがし、回収することから、「悪玉・善玉」と便宜的によばれているのです。

そして、お気づきの通り、血管の壁にへばりついたLDLコレステロールが動脈硬化の原因になる…といわれています。

動脈硬化の原因は、酸化LDLコレステロール

しかし、LDLコレステロールの存在がすぐに動脈硬化に結びつくわけではありません。

近年では、動脈硬化を進めるのは「酸化したLDLコレステロール」であることが分かりはじめました。

酸化とは、体内の活性酸素によって、LDLコレステロールがサビついてしまった状態を指します。
サビたLDLコレステロールは、血管の壁からはがれなくなってしまい、それが血管を詰まらせる原因となっているのです。

LDLコレステロールを酸化させる活性酸素とは

活性酸素とは本来、体内に入ってきたウイルスや細菌などから身体を守るために、白血球からつくり出される物質です。
しかし数が増えすぎることによって、周りの元気な細胞までもをサビつかせていき、内臓や骨、皮膚など、身体のあらゆる場所に悪影響を与えていきます。

細胞のサビは「老化」そのもの。
そのため、美容・健康の両方の観点からも、活性酸素を増やさない生活が推奨されているのです。

LDLコレステロールの数値が高い=動脈硬化ではない

つまり、体内に活性酸素が少なければ、LDLコレステロールは正常値内の働きをするため問題は起きませんが、活性酸素により酸化したLDLコレステロールが増えてしまうと、動脈硬化の可能性が高くなります。

LDLコレステロールの数値がとても高くても、動脈硬化にならない人はたくさんいます。
だから、気にするべきはLDLコレステロールの数値ではなく、活性酸素の状態なのです。

いい油を摂ろう

食事をする家族

体内で合成できるコレステロールですが、そのうち20〜30%は食事から摂取しなくてはいけません。

しかし油にも、体内に炎症を起こすような悪い油と、炎症を抑えてくれるいい油があります。
たとえばオリーブオイルや亜麻仁油などは、炎症を抑えてくれますが、酸化した油やマーガリンなどは、身体に炎症を引き起こしてしまいます。

油は大きく分けて、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。
できるだけ「オメガ3・6・9」といった不飽和脂肪酸を中心に摂るようにして、「いい原材料」を体内に補給することが大切です。

活性酸素を増やさず、健康を維持しよう

LDLコレステロールを酸化させず、健康を維持するためには、原材料(油)の質を上げるのと同時に体内の活性酸素の量を増やさないようにしなくてはなりません。

活性酸素は、なんと生活習慣病の90%に関係しているといわれます。
減らすことは、動脈硬化だけではなく、さまざまな病気を防ぐための根本策ともいえるでしょう。

「LDLコレステロールの数値が高いのに、病気せずにピンピンしている」という人は、そもそも体内の活性酸素が少ないのでしょう。

逆に、活性酸素が多い人は、ちょっとのキッカケで病気にかかりやすく、「健康診断では大きな問題がないのに、いつも病気がち」という状態になります。

LDLコレステロールの数値は、ある程度の目安にはなりますが、そこにとらわれてしまってはいけません。体内のトラブルメーカー活性酸素を増やさないようにして、健康な体を維持することが、予防医学の観点からも必要です。

まとめ

動脈硬化の原因は、LDLコレステロール単体ではなく、活性酸素によってサビついたLDLコレステロールだということが分かりました。
コレステロール自体は決して悪ではありません。悪いのは、質の良くない油をたっぷり摂ることです。揚げ物やジャンクフードを完全に排除することはできませんが、身体に入る油について、少し考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 善玉菌を増やす!発酵食品「ぬか漬け」を冷蔵庫でつくろう
  2. 予防医学とは?遅れている日本の健康意識
  3. 食べるコラーゲンにも「案外意味がある」 身体へのシグナルを鳴らす…
  4. 監修医師に徹底的に教えてもらおう!「予防医学」の重要性とは 
  5. 髪と爪は健康のバロメーター タンパク質でダメージ修復を
  6. オメガ3・6・9の健康効果 いい油は身体を強くし、デトックス機能…
  7. 「鍋の素」と添加物の関係 冬の健康は添加物カット鍋で守ろう
  8. 食べるときの気持ちで吸収率が変わる? 感情と栄養素の密接な関係

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP