基礎知識

【医師に聞く】 遺伝ではない!赤ちゃんの免疫と、腸内フローラ

食事をする赤ちゃん

産まれてくる赤ちゃんが、健康だといいな!
すべてのそう願うお母さんに、「赤ちゃんは、産道を通るときに、あなたの膣内フローラ(微生物)を飲み込んで生まれてきます」ということをお伝えしたいと思います。

その微生物が、赤ちゃんの腸内環境をつくる「素」となり、それぞれの免疫力を形成していくのです。

今回は、お母さんから受け継がれる腸内細菌のミステリアスな仕組みについて、医師に詳しく聞いてみました。

赤ちゃんの免疫力は、どこで決まるのか

免疫力とは、私たちの身体が感染症やウイルスに対して抵抗力を獲得することをいいます。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは、予防接種もしていなければ病気にかかった経験もありません。
そのため、生まれてから、自分独自の免疫力を形成していくことになります。

では、その免疫力の「素」となるものは、何でしょうか。

免疫力は、全てが遺伝的に決まっているのではありません。
先天的な要因に加えて、後天的な要因が非常に大きいということが最近分かってきました。

人の免疫力は、腸が司っています(腸管免疫)が、実は赤ちゃんは産道を通るときに、お母さんの膣からさまざまな微生物を受け継いでおり、それがその子の「腸内環境」のベースとなっているのです。

おなかの中の赤ちゃんは無菌状態

実は、赤ちゃんはおなかの中にいる間は全くの無菌状態で過ごしています。

しかし、分娩で膣の中を通過するときに、お母さんの膣の中にある「フローラ(微生物)」を飲み込んで生まれてきます。
妊娠した女性の膣内では、妊娠中に繁殖した善玉菌や悪玉菌が暖かいベッドの役割を果たし、酪酸菌という菌が増殖します。

そして、経腟分娩のときには、赤ちゃんは産道の中の菌を飲み込みながら生まれ、はじめて自分の腸内細菌を獲得するのです。

実際、新生児の腸内にいる微生物の種類や菌株を確認すると、お母さんの膣内のそれと最も近しいことが分かっています。

妊娠中に変化するフローラ

微生物の生態系は、「フローラ」とも呼ばれます。多種多様な菌が集まっている様子が、まるでお花畑のように見えるためです。

妊娠すると、膣内のフローラは通常の場合から変化し始め、ラクトバシルスという菌が増えていきます。ラクトバシルス菌は乳酸を分泌します。乳酸は膣内を酸性に傾けるため、雑菌が繁殖しにくくなるのです。

さらに、ラクトバシルス菌はバクテリオシンという自然の抗生物質を作り出し、生まれるときの赤ちゃんの腸内に入ってこようとする雑菌を殺す役割を果たしています。

このように、妊娠中のお母さんは、これから生まれてくる赤ちゃんのために、自分の膣内のフローラを自然に変化させているのです。

赤ちゃんのフローラは生まれたあとで形成される

見つめ合う親子

妊娠中の膣内フローラの状態には、多少気を付ける必要があるでしょう。たとえばカンジタ菌。婦人科の先生は、出産前には必ず膣内にカンジタ菌がいないか調べて、いたら除菌をしています。

また、帝王切開では産道のフローラを飲み込まないので、自然分娩の子どもより腸内フローラが弱いケースが多いのは明らかです。

ここでいう腸内フローラの弱さとは、微生物の種類や、バランスのこと。健全な腸内フローラのバリエーションはとても広いのですが、弱い腸内フローラのバリエーションは限られています。

個体差は成長とともに

自分の持っている微生物がそのまま赤ちゃんに受け継がれる…と聞くと、不安になるお母さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、人の腸内フローラは千差万別。産まれたあとは、それぞれが食べたものや生活習慣によって多様に変化していきますから、子どもはその子なりの腸内フローラを育てていきます。

たとえば授乳期の赤ちゃんの腸内細菌の90%は、善玉菌であるビフィズス菌だといわれています。しかし、離乳食も終わり、大人と同じような食事を食べるようになると、徐々に悪玉菌が増えていきます。(注記)

このように、産まれたときの状態がそのまま続くわけではありません。たとえ帝王切開で生まれていても、できるだけ腸内フローラを豊かにする食事を食べさせ、いい菌を定着させるようにしたら問題はありません。

)悪玉菌にもそれなりの役目があります。つまり、少量の悪玉菌が腸内に存在することで、よりたくさんの悪玉菌が入ってきた時に対応できる「免疫力」を高めるという役割を果たしているのです。

お母さんにできること

少しでもいい状態のフローラを子どもに引き継ぎたい…と思ったら、いつから対策が必要でしょうか。

産道のフローラを整えるためには、まずはお母さんが自分の腸内フローラを整えることが大切です。

出産までの10カ月、腸内環境に気を配ることは充分に意味を持ちます。
妊娠中はできるだけ自身の免疫力を下げないよう、食事や睡眠にも気を配り、なるべくゆったりして過ごすことが大切でしょう。

また、3歳くらいまでの「免疫寛容」という時期にはじめて食べたものは、身体が記憶をし、その時期に形成された腸内フローラは、体外から入ってきた菌も含めて「自分の菌」として免疫に記憶されます。

出産時に受け継いだお母さんのフローラと、生まれてから出会うたくさんの栄養素・微生物が、その子どもの腸内環境をどんどん育て、免疫力を高めていくのです。

まとめ

無菌状態の赤ちゃんは、お母さんから受け継いだ微生物をもとに、個別にフローラを形成するということが分かりました。そして、ある程度の年齢で、お母さんとは全く違う腸内フローラになり、そこから先は個体差が広がっていくのです。

何を食べ、どう生きていくか。それを一緒に考えてあげることこそ、子どもの腸内環境に対してしてあげられる大切なサポートではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 今飲んでるサプリメントに、科学的根拠はある? 知っておきたい「エ…
  2. 2019年はスギ花粉が増える! 腸を整えて免疫細胞のエラーをなく…
  3. 【医師に聞く】免疫細胞のプログラムが原因?花粉症から読み解くアレ…
  4. 医薬品の「第1類」「第2類」とかって、なに? ドラッグストアで薬…
  5. 【医師に聞く】心と身体の関係①  自律神経は本当に不調を引き起こ…
  6. 食事制限なしに遅延型フードアレルギーを改善する方法
  7. 【専門家に聞く】 20代女子の栄養状態が心配!飲むならマルチビタ…
  8. オメガ3・6・9の健康効果 いい油は身体を強くし、デトックス機能…

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP