その他

アトピーは清潔にし過ぎが原因? 除菌アイテムと化学物質のリスクについて

掃除用具

ハンカチを持たない若い女性が増えています。
かつて、女性らしいとされた「身だしなみ」必須アイテムは、今や「汚い」ものとして捉えられているようです。

この風潮は、トイレに乾燥器が必ずのように設置されたおかげともいえます。確かに、用を足して手を洗ったあと、ハンカチで手を拭き、その湿ったハンカチを持ち歩くことを考えると、その場で乾かしてしまった方が清潔と感じられるのでしょう。

しかし、ハンカチに繁殖した雑菌程度で人は死ぬのでしょうか。

雑菌に敏感すぎる現代社会

雑菌に敏感にならざるを得ない現代社会、それぞれの家庭には、除菌スプレーや化学洗剤がたくさん常備されていることでしょう。

洗濯洗剤にも「除菌」の文字が目立ちますし、テレビでも家庭内の菌を可視化して、テーブルや空気中にたくさん存在する様子をアピールしています。

しかし人類は、雑菌も含めたさまざまな菌と共存共栄してきました。

人体に悪い影響を与える菌…たとえばカビの菌やウイルスなどが体内に入ったときは、身体の解毒機能で排出する仕組みをそなえて、よい菌と助け合いながら、進化してきたのです。

アトピーやアレルギーは、菌への抵抗力がないから?

菌に対する意識が過剰になると、毒に対する抵抗力は落ちていきます。

たとえばアトピーやアレルギーの人が増えている背景にも、菌の存在が関係します。

悪さをする菌に接する機会が少なくなると、子どもの免疫機能が落ちてしまい、その結果、アトピーやアレルギーになりやすい体内環境になってしまうからです。

人体には多様性が必要です。「悪い菌=悪」ではありません。

たとえば腸内に善玉菌しかおらず、悪玉菌がゼロになってしまうと、これまたマズいことが起きてしまいます。

悪玉菌がある程度いてくれることで、体内に悪いものが入ってきたときの免疫反応ができ、毒に対しての防衛体制を準備できるのです。これは、校内にある程度不良生徒がいることで、別の学校からの攻撃を牽制して、襲われたときに学校をしっかり守ることができる…という必要悪のような仕組みともいえるでしょう。

免疫力のためには菌も必要

予防接種で打つワクチンも、同じシステムですね。
弱毒菌をわざと入れて免疫をつくるからこそ、外部攻撃に対抗できるのです。

もちろん、生死にかかわるような悪い菌には気を付けなくてはいけません。しかし清潔信仰がいき過ぎた現代では、子どもの免疫が落ちているという大きな課題も生まれているのです。

最近では、砂遊びのあとはせっけんを使わず、水洗いだけでご飯を食べるという方法を取っている幼稚園もあるくらいです。普通の暮らしで、わざわざ除菌をする必要はありません。

除菌アイテムに含まれる化学薬品

除菌アイテムには、瞬時に菌を殺すだけの強い化学的成分が含まれています。

人体と共存できる菌に神経質になる前に、そのような化学物質が体内に溜まることに、もっと危機感を抱くべきではないでしょうか。

自分が生まれた場所の自然のモノに触れて、食べているうちは、健康に問題は出ないものです。

たまたま毒キノコを食べたり、傷口から破傷風菌が入ったら死にますが、それは別問題。人類は気候や自然に順応して発展してきたわけですから、わざわざ化学的に除菌をする必要はあまりないのです。

体内に溜まる化学薬品

けだるげな女性

除菌アイテムや洗剤に大量に使われている化学的な物質は、少しづつですが体内に蓄積されます。

今時点で、体内に溜まった化学的な物質や添加物が、自分の中にどれくらい溜まっているかを可視化する検査はありませんが、環境汚染物質やトキシン(毒素)をはかる「化学物質検査」などは行われています。

実際、今まで原因不明だった体調不良の原因が、トキシンなどの毒素だったということが分かり、解毒機能に対する治療をすることで体調が改善するケースも増えているのです。

人類は、今初めて「化学物質が原因で引き起こされる体調不良」に遭遇しています。

だから、何十年も化学物質に触れてきた人が、老後にどうなるか…というのは、今はまだ推測しかできていません。

免疫力のためにも、除菌のし過ぎには注意

本当は、グラフで自分の危険度が分かれば便利なのでしょうが、そのような予防方法は存在しません。

まずは、できるだけ化学物質への接触に意識を向け、使う量を減らしましょう。

まったく0にする必要はありません。体内にある程度入ってきても、人間はそれを解毒する力を持っていますし、過敏になり過ぎては、逆にストレスが溜まってしまいます。

よかれと思ってしている除菌ですが、

除菌し過ぎる

菌に対する耐性が減る

免疫力が下がる

外部から入ってくる菌にすぐにやられる

病気になりやすくなる

という悪循環を生み出していることに気付き、その連鎖を断ち切るためにも
情報に振り回されず、自分の「本来の機能」をキープすることに気持ちを向けてみましょう。

まとめ

菌と共存してきた人間。あまり除菌に神経質になり、市販アイテムを使い過ぎると、身体に化学物質が溜まり、かえって菌に対する耐性をなくしてしまいます。何度も洗わないといけない…という強迫観念を捨てて、人間らしい健康とは何か?について考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. うつ病に気付けないのはなぜ? 前兆を放置せず、「助けて」といえる…
  2. その胃痛が胃ガンになる前に… 一次予防・二次予防で病気の「手遅れ…
  3. 胃ガン・肺ガン・すい臓ガン… 「白い巨塔」から見る、ガン治療の進…
  4. 【医師に聞く】 遺伝ではない!赤ちゃんの免疫と、腸内フローラ
  5. 子供 【医師に聞く】身体にとっての異物を「記憶する」、免疫寛容という仕…
  6. 美容に効く成分はあるの? 楊貴妃が愛した食材と、現代女性ができる…
  7. 【医師に聞く】 ガンの早期発見、どうしたらいい? 医師に聞いた部…
  8. 睡眠の質を上げよう! 朝の目覚めをよくするコツを徹底解説

特集記事

なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

医師監修記事

  1. 子供
PAGE TOP