基礎知識

胃ガン・肺ガン・すい臓ガン… 「白い巨塔」から見る、ガン治療の進化

病院廊下

2019年5月、医療ドラマ「白い巨塔」が5夜連続で放映され、話題を呼びました。

山崎豊子によって原作の連載が始まったのは1963年。
なんと56年も前の作品が、脚本や俳優を変え何度でもよみがえるというは、このストーリーの主題が普遍的なものだからではないでしょうか。

「白い巨塔」は、1970年代、2000年代、そして今回と、おおよそ3回にわたる映像化で社会現象になりました。
そこで今回は、「白い巨塔」で取り上げられるガンと、その治療における進歩について考えてみたいと思います。

時代とともに変わる、「不治のガン」

白い巨塔の主人公・財前五郎は、天才といわれる外科医です。
そして、作中で得意とされる手術が毎回変わっています。

  • 1970年代(主演:田宮二郎)・・・胃ガン
  • 2000年代(主演:唐沢寿明)・・・肺ガン
  • 2019年(主演:岡田准一)・・・すい臓ガン
  • まさに、その時代にどのガンが「不治」とされ、その分野の外科医に名声が集まっていたのが如実に表れていますね。

    作中では、主人公は自分の得意としてきた専門分野のガンにかかり、若くして命を失います。
    その生涯には、「名声と人生」そして「生と死」という、人間の普遍的な要素が詰め込まれており、それこそが何十年たってもドラマがリメイクされる理由といえるでしょう。

    ガン細胞ができるのは、人体の仕組み

    ガンにかかる原因は、いまだハッキリと分かってはいません。

    少し前までは、ガンは遺伝子のエラーと考えられていましたが、最新の研究ではそうともいい切れないとされています。

    人体にガン細胞ができるのは、人間の身体の仕組みです。

    ガンという病名は付かなくても、ガンで命を失った人は大昔からたくさんいます。
    それは、紀元前1500年ごろに書かれた、エジプトの医学パピルスにもガンに関する記述があることからも分かります。

    しかし現代には、古代エジプトでは考えられなかったほどの「ガンになる要因」が増えています。

    たとえばタバコやジャンクフード、食品添加物など、生活習慣に関する要因。
    また排気ガスや環境汚染物質なども、ここ100年ほどで体内に入る量は増加しています。

    そのような危険要因が体内に溜まると、身体の機能は低下し、ガン細胞の増殖が進みやすくなってしまうのです。

    部位別で変わる、ガン治療の困難さ

    寝転がる人

    日本人の2人に1人がかかるといわれているガン。
    体内のいたるところに発生し、部位によって死に至る確率は変化します。

    胃ガン

    白い巨塔の原作が書かれた1960年代には、胃ガンは死の病でした。
    しかし2019年現在では、胃ガンの死亡率は大きく下がっています。

    胃ガンにかかる人が減ったわけではありません。寿命が延び、高齢者が増えていることから、胃ガンに罹患する人数自体は増えているのです。
    しかし、医療の発展により、胃ガンは「死ぬ確率の低いガン」に変化しました。

    これは、胃カメラのおかげです。
    最近では「経鼻内視鏡」という細い管で、簡単に胃の中を診察することができるようになりました。

    また、胃ガンの一因としてピロリ菌の存在が知られ、除菌によって胃ガンにかかる確率を大きく下げることも可能になっています。

    そのため、早期発見と具体的予防が可能になり、昔のように「死」に直結する病ではなくなったのです。

    肺ガン

    2000年代の「白い巨塔」では、財前五郎は食道外科の専門医としてもてはやされる存在でした。
    そして作中では、時代を象徴するように喫煙シーンが多く描かれ、財前五郎も結果的には肺ガンで命を失います。

    肺ガンは、初期症状としてはセキや痰があげられますが、自分が肺ガンだと早期に自覚する人は少なく、発見が難しいガンといわれています。

    1950年〜2003年のデータを集めた、「厚生労働省の人口動態調査によるがん死亡率統計」によると、男性の肺ガンでの死亡率は急速に増加し、1993年には今まで1位だった胃ガン死亡率を抜き、第1位になりました。

    肺ガンのイメージとして思い浮かべやすいのは、やはりタバコです。しかし喫煙者が全員肺ガンになるかというと、決してそういうわけではありません。

    ただし肺ガン患者の喫煙率はやはり高く、まだ今ほど嫌煙ムードの無かった2000年代には、テレビドラマや映画、バラエティー番組でも喫煙シーンが多く描かれていました。

    そう考えると、肺ガンの手術の名手が「白い巨塔」の主人公として設定されたのも、時代をリアルに表しているといえるでしょう。

    すい臓ガン

    いよいよ2019年、岡田准一の演じる財前五郎は腹腔鏡手術を専門とし、すい臓ガンに一家言を持つ外科医として描かれています。

    原作が書かれた昭和30年代では、ガンは切るしかない死の病でしたが、現在では早期発見によって生存率が高まり、手術だけではなく抗ガン剤や放射線治療など、さまざまな治療法が存在します。

    そんな時代背景で、どうして財前五郎がすい臓ガンの権威と設定されたのでしょうか。

    それは、すい臓ガンの「見つけにくさ」にあります。

    すい臓ガンは、発見時に約1センチを超えていると、切っても治らないといわれています。浸潤性が高く、まわりに広がりやすいからです。
    しかし、1センチにも満たないすい臓ガンを見つけるのは、現代医療をもってしても至難の業。

    ドラマの中にも「良く見つけたな」というセリフが出てきましたが、CTスキャンでも、1センチ以下の小さなガンはそうそう見つけられないのです。

    すい臓ガンは、最後の難関ともいわれるガン。
    そう考えると、医療がかなり進歩したはずの2019年のドラマの中で取り上げられた意味も分かりますね。

    ガンの治療はどんどん進化する

    治療の難しいすい臓ガンですが、最近は抗がん剤も進歩し、延命治療もできるようになってきています。
    また術中照射といい、手術中に広がったガン細胞に放射線を照射し、ガン細胞をある程度やっつけながら切ることもできるようになっています。

    予防医学の観点からは、まずガンになりにくい身体をつくることが求められます。
    ガンの研究が進めば、どのような生活がガンを防ぐのかが、もっと分かりやすくなるでしょう。

    数十年後、次に「白い巨塔」が放映されるときには、不治の病として扱われているのはガンではなくなっているかも知れません。

    まとめ

    人は皆「死」を恐れ、向き合って生きています。
    だからこそ医者が聖職者とされ、生と死を扱うドラマがいつの時代も人気を博すのでしょう。
    いつの日かガンも完治できる時代が来るのでしょうが、今はまだ恐ろしい病気に違いありません。
    かかってから悩むのではなく、自分の身体のことや治療方法について少しアンテナを伸ばしておくことも、予防医学の一環といえるでしょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly

    関連記事

    1. LDL数値が高いだけでは動脈硬化にならない? コレステロールと活…
    2. 【医師に聞く】 遺伝ではない!赤ちゃんの免疫と、腸内フローラ
    3. 遺伝子組み換え(GM)食品って何? 国によって違う基準、そして健…
    4. ヒトは食物繊維を分解できない! なのに、日本人の身体に必要な理由…
    5. 腸内環境の見直しは「遠回りの近道」、小腸・大腸の役割と、腸内環境…
    6. 【医師に聞く】 健康診断と予防医学 リスクを取り除き、本当の意味…
    7. 2018年風疹流行 30〜50代の働き盛りの男性はワクチン接種を…
    8. リスクファクターを取り除く! 健康診断の必要性と注意点

    特集記事

    なぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れる?原因と改善策を知ろう!

    男女問わず、肌荒れやニキビに悩んでいる方は多いですね。また単なる肌荒れではなく、慢性的なアトピー性皮…

    医師監修記事

    1. 子供
    PAGE TOP